2012年の修繕委員会活動のスタート

/ 2012-02-22/ Posted in マンション管理 / No Comments »


新年度の修繕委員会がスタート

マンション管理組合の修繕委員会の今年の活動をスタートしました。理事会役員の任期が1月〜12月のため、委員会も1月より新たに始まりました。

毎年、居住者より修繕委員会への参加を募り、その年の修繕委員会を組織します。今年は残念ながら委員数が4割減ってしまいました。

修繕委員会を設立して4年目。昨年は管理委託費を41%削減することに成功し、活動に一定の区切りを付けたことが大きいかもしれません。
残念なのは、昨年新たに加入した委員が1年で辞めてしまい、継続してもらうことができなかったことです。ある程度活動が軌道に乗っていて、そこに加わって活動していくことにハードルの高さを感じてしまったのかもしれません。

結局、今年も活動に参加してくれるのは、初年度からの委員と、新たな1名のみとなりました。とはいえ、がっかりはしていません。今年は、数年後に控えた大規模修繕のための活動を始める年になります。大規模修繕にかかる費用は、私が住む200世帯弱のマンションでは、1億円を軽く超える金額になるものと予想されます。マンションの品質をどのような修繕内容で実施して維持するのか、いくらのお金をかけて実施するのか、どのように工事内容を担保するのか、など考えることはたくさんあります。それによって、できあがりの品質に差が出ますし、何千万円というコストの差になって現れるので、しっかりと取り組んでいくべきですし、その価値はあります。

マンション10年目の活動テーマ

大規模修繕には通常2年ほどの準備期間が必要と言われています。実施時期が13年目〜15年目の間と考えると、10年目に当たる今年はまだ入口の前。もちろん、大規模修繕に向けて準備する大事な年だとは思っていますが、だからといって大規模修繕だけに集中する年でもないと思っています。それだけに、他にでやるべきことがあればやりたい気持ちがあります。

そのひとつは、マンション住民同士のイベントを企画することです。私が住むマンションは30代が購入層の中心だったのですが、10年経過し年齢の中心は40代〜シニア世代に移りつつあります。マンションにはいまひとつ住民主導の活動が少なくて、もう少し住民がみんなで楽しめる行事があってもいいのかなという思いがあります。

数年前まで開催されていた懇親会も、ここ2年は開催されなくなりました。子供向けに、七夕とクリスマスの飾り付けが唯一行われているイベントです。大げさなことでなくても良いので、大人が交流する場を設けられたらよいのではないかと思っています。


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree