マーケティング戦略の教科書

/ 2013-07-21/ Posted in スキルアップ, 書籍 / 1 Comment »


ブレインゲイト(株)の酒井光雄さんと武田雅之さんの共著で、「成功事例に学ぶ マーケティング戦略の教科書」が出版されました。

マーケティング戦略に困ったときに参考にできる、まさに教科書

私はマーケティングを専門にしているというより、主たる仕事は製品開発です。ですので、直接的に企業のマーケティング戦略に関わっているわけではありません。ですが、自分が関わる商品やサービスの作り方や提供するものの価値に迷った時、最近売れている商品やサービスってどういうふうにしてるかな?と考えてみることがよくあります。

この本は、マーケティング戦略が体系的に分類され、各戦略ごとに43もの事例が具体的に書かれているので、似たような商品やサービスを提供している会社の事例を探して参考にしたり、マーケティング戦略をキーに具体的な戦略の実際を具体的に知ることができます。
はじから読んでマーケティング戦略を全体に学ぶ方法もありますし、チャプター1の「マーケティング戦略の立案、およびマーケティング視点とその思考プロセス」を読んで、後は自分が必要とする箇所を選んで読み進めるのも良いと思います。

事例の選び方に特徴があり、「はじめに」のところで次のように書かれているのですが、この本の良さを表していると思います。

「筆者らが事例企業を選ぶ際は、マスメディアで頻繁に報道されるよく知られた企業だからではなく、過去数年にわたり業績が伸長しているかどうかを判断基準の中心に置いて選択した(無論、優れたマーケティング戦略である場合はその限りではない)。その結果、誰もが知る企業であっても、実はよく知られていない取り組みだったり、また企業の知名度こそ高くないが、優れた取り組みを行なっている事例を紹介することになった。」

事例はとても興味深いものばかりです。

私がこの本を読んで一番の発見は、

イノベーションとは、
必ずしも技術革新のような何か特別なものが必要なわけではない

と気づいたことです。
イノベーションって言われると、技術者にとっては何かとても大きな技術的な進歩を求められているようで、簡単にはできないよ!と感じるところがありましたが、技術の変化がなくてもイノベーションが起きた事例がいくつも載っていて、これがイノベーションかと気付かされました。

最後に、私は酒井さんのこの言葉でマーケティングの真髄を理解できた気がします。

「マーケティングとは、人の心をつかむサイエンスである」

人の心をつかむ・・・
これができたらいい商品が作れるのですが、私には本当に難しい。


One Comment

  1. 酒井光雄
    2013/08/26 11:44:04

    ハッピーエンディングさん

    「成功事例に学ぶマーケティング戦略の教科書」を執筆した酒井光雄です。
    的確なご指摘を頂戴し、本当にありがとうございます。

    残念ながらこのブログではお名前も把握できませんので、よろしければ記載しました弊社お問い合わせメールアドレスにご連絡を頂戴したく思います。
    ハッピーエンディングさんのお名前を記載して、別の書籍をお送りしたく思います。

Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree