スマホの通信費を月額3000円以下にする方法

/ 2013-08-24/ Posted in スマホ / No Comments »





Biglobe(Docomo回線)で月1GBのデータプランの使用感

5月からDocomoの回線を使ったBiglobeのデータプランを利用しています。
参考:月1GBのデータ通信はお得か?

月のデータ量は1GBに制限されていますが、その上限量までは通信速度に制限がなく高速のLTE回線が月額1980円で使えます。ときどき出先でメールを受信したりWeb閲覧するなどの用途であれば、エリアが広いDocomoは有力な選択肢となります。

使用感は決して悪くありません。でも、持ち歩くWifiルーター(NEC製 Aterm MR01LN)が大きくてダサい。契約時からわかっていたことですが、やっぱりダサい、かさばる…。

私が利用したい場所では、WiMaxではどうしてもつながらないため、やむなくDocomoを選択したわけです。SoftBankのLTEが繋がりやすいと宣伝しているものの、SoftBankには安く利用できるデータプランがないので、同様のサービスを使うならDocomoになります。

ちなみに、Biglobeと契約してDocomo回線を使うわけですが、Biglobeのサービスは何一つ使っていません。WiFiルーターはDocomo回線に直接接続しますので、Biglobeのアカウントなど必要ないのです。唯一現在のデータ量を見る際に使用します。

iPodTouchを持っているならWiMAXが一番

契約形態にもよりますが、スマホにすると携帯会社に支払う月々の料金は6,000円〜7,000円になります。
ナンバーポータビリティで携帯会社を変更した当初2年間は安いなどの特典はありますが、3年目からは通常料金に戻ります。

もし、iPod Touchなどスマホと同程度の端末を持っている場合は、WiMAXを利用するのが現時点では料金を安く抑え、かつ実用的に使える組み合わせです。

iPhoneやAndroidなどの端末でももちろんWiMAXを利用できますが、それらの端末の場合携帯会社と回線の契約をしないと入手できないのです。

そのような端末が入手できそうもなければ、やはり携帯電話会社と契約するのが妥当と言えるでしょう。
特に今は新型iPhoneが出ることがうわさされる時期なので、iPhone5が安く手に入ることがあります。その場合はiPod TouchとWiMAXを組み合わせるより、最初から携帯電話会社でiPhoneを契約するほうが良いと思います。

WiMAXを利用する場合多くの会社からプランが提供されています。カカクコムにもさまざまなプランが出ています。
この中からどうやって選ぶかというと、つい月額料金の安さに釣られそうですが、気にすべき点だけ記載します。

  • 契約期間
    2年契約が多いですが、一部1年契約が選べます。
    参考までですが、WiMAX自体は1日単位から利用することができます。短くなるほど割高で、1ヶ月利用すると4,400円ですが1年契約にすると月額は3,880円になります。
  • キャッシュバックの条件
    プロバイダを経由するとキャッシュバックが得られます。毎月払う料金にほとんど3,800円前後ですが、月額料金が安くなるように言っているのは、キャッシュバックを割り引いて1年間の平均月額を算出した結果です。キャッシュバックが行われるのは、1年継続使用したらなどの条件が付いていますので、それ以前に解約するとキャッシュバックは得られません。違約金も発生します。
  • 違約金はいくらか
    高い料金を設定しているところがあります。キャッシュバックが多いところは違約金も高めになると言えるでしょう。
  • 解約の手続きはどのような手順か
    GMOのように書類を取り寄せて解約月の20日までに提出するなど結構面倒くさい手順になっているところもあります。電話1本というわけにいかないので要注意です。プロバイダの立場から言えば、1年目の料金をかなり安くしているのですから、長く契約してくれないと困るのです。端的に言えば、解約しにくくしていると言えます。

違約金とは契約期間内に解約する場合の手数料で、Biglobeの場合1年以内で9,975円、1年を超過すると5,000円です。13ヶ月目に解約した時だけ、違約金がない(0円)のです。GMOでは違約金は16,000円と結構高いです。解約手続きも面倒な印象です。

このようなことは、小さく書いてある

「途中解約における違約金・解約金についてはこちらをご確認ください。」

の「こちら」のリンクに書いてあります。見落とさずよく読みましょう。

再度書きますが、ここに書いてある金額は永遠に続くわけではありません。キャッシュバックをもらった場合に、平均するとこうなるという金額です。本当に安い金額で契約を続けたい場合は、1年契約なら13ヶ月目に、2年契約なら25ヶ月目に解約をして、さらに別のプロバイダに乗り換えることで安さを維持できるのです(※)。結構緻密にやらないといけないでしょう。
※ 同一人が同じ特典を受けられないということも条件ですので、別のプロバイダに乗り換えることが必要になります。

ちなみに、WiMAXは2週間端末を無償で貸してくれます。家電量販店で借りることもできますし、ネットで申し込むこともできます。端末の補償としてクレジットカードを登録する必要がありますが、送料を含めて完全に無料です。エリアを確認するにはとても有効です。1回借りると1年間は借りられませんので、その点は注意が必要です。

Try WiMAXレンタル
http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

WiMAXのWiFiルーターはかっこいい

WiMAXは最新モデルではバッテリーが12時間持ちます。スリープモードに入ることによってさらに節約できますので、息子が使っていますが、2日に1回の充電で大丈夫だと言います。それでいて薄く軽いのです。

iPod touch+WiMAX WiFiルーターをご覧ください。両方ともとても薄くて、併せて持ってもとてもコンパクトです。

Docomoのルーターと比べると、見た目の大きさ以上にWiMAXはコンパクトです。

最後に一つ、iPod TouchをSkypeや050Plusのアプリを使って携帯電話として使うとき、スピーカーとマイクの位置がiPhoneと逆ですので、上下逆さまにして使います。最初そのことに気付かず、しゃべった声が相手側にほとんど聞こえず、これでは電話として使えないと思ったのでした。


スポンサーサイト


@nifty お得なキャッシュバックキャンペーン

インターネット回線がご利用日数に応じてレンタルできるWiFi-HIRE.com


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree