魅力的な格安スマホ登場

/ 2014-09-22/ Posted in スマホ / No Comments »


格安スマホは選択するときに要注意

格安スマホはご存知でしょうか?
ソフトバンクやドコモ・auなどの携帯電話会社でスマホを契約すると
月額7,000円以上になってしまいます。

それに対して、安いところなら月額1,000円以下から使えるようにしたのが
格安スマホなのです。

格安スマホは本当に数多くありますが、中には
「安かろう、悪かろう」
があるので要注意なのです。

何が要注意かというと

  1. 通信速度がLTEの1/500と実用にならないほど遅い
  2. 月の通信量の上限が少ない
  3. スマホの性能が低い

といったおよそスマホとしては実用的でないものもあるのです。

スマホで本体および通信スピードが遅いのは致命的

格安スマホの中でも、特に気を付けなければならないのは、

通信スピードが遅いこと
スマホ本体の性能が低いこと

です。

現在主流の高速通信LTEに比べ、
遅いものだと1/500程度のスピードしかないものもあります。
 ※200kbps(200キロビーピーエス)と100Mbps(100メガビーピーエス)を比較した場合

これは本当に要注意です。
スマホを何に使うかによりますが、
仮にメールや通話、LINEなどのように軽いサービスしか使わないなら
敢えてスマホにしなくても良いのでは?と言いたくなります。

メールやLINEだけだとしても、スマホで撮った写真を送受信すれば
スマホの写真は高画質なので、結構時間がかかります。

So-netのスマホは有効な選択肢

そんな中、So-netから魅力的なスマホが提供されました。

  1. 高速通信(LTE)が使え
  2. スマホも高性能(高速、かつ最新のアンドロイド4.4搭載)
  3. 月額の通信容量は1.5GBとまずまずの容量
  4. 月額はスマホ込みで2,480円と大手の1/3程度

となっています。



現在(2014/9/22時点)、キャンペーン中のため、
月額料金から651円(税抜き)が割引されています。
2年間で15,624円の割引です。

格安スマホが乱立する中、質実剛健のスマホと言えます。
唯一の難点は、月額の容量が1.5GBという点でしょう。
これについては下記の対策をしましょう。

それから、これはどの携帯電話会社と契約しても同じですが
途中で解約すると、割引はなくなりますし、
残っている端末代金は払わないといけません。

それでも、So-netのやさしさを感じる点があります。

1年未満で解約すると、手数料が5000円必要です。
大手はこの手数料がほぼ1万円程度なので、この金額自体安めですが、
1年を超えると手数料が不要なのは、とても利用者にやさしいです。
大手は24ヶ月目の1ヶ月間だけが解約料不要月なのです。

できるだけWi-Fi環境を併用する

このスマホを選択する場合の注意点は1つだけあります。

先にも書きましたが、月の通信容量は1.5GBとなっています。
この容量が十分かどうかは、利用前になかなかわからないと思いますが、
動画などを見過ぎればあっという間に超えてしまいます。

そうならないためには、

なるべくWi-Fi環境で使うことです。
Wi-Fi環境で使う限り、月の通信容量はまったく消費しません。

自宅やカフェなどでは極力Wi-Fi環境で使い、
Wi-Fiがないところだけ、回線を使うようにするのです。

Wi-Fiを使う設定にしてあれば、自動的にWi-Fiに接続しますので、
通常の使用時は接続を気にする必要はありません。
自宅にWi-Fi環境を用意する、ということが一番大事なことです。

そうすれば、結構お得で快適なスマホ生活ができます。




Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree