ガイアの夜明け「住まいの価値、守れてますか?」の放送

/ 2010-09-19/ Posted in マンション管理 / No Comments »


マンション管理士がこれほど脚光を浴びたことはない

9月14日のガイアの夜明けは、「住まいの価値、守れてますか?」という、マンションの資産価値を維持するために現在のマンション管理組合はどのように取り組んでいるか、ということに焦点を当てたものでした。
管理委託費用の圧縮、大規模修繕工事の圧縮という、私が自宅マンションの管理組合で取り組んでいる課題についての特集で、非常に興味深く見ることができました。

ここに登場する、マンション管理士「深山 州(みやま しゅう)」さんは、ちょうど8月にお会いしたばかりでした。私が住むマンションの管理委託費削減のために深山さんのメルすみごこち事務所に相談に訪れたのでした。

私が住むマンションの、管理委託会社との契約内容および日常的なメンテナンス費用の両面について査定していただき、その内容について2時間強で説明をしていただいたのです。本来なら1時間20分の枠でしたが、深山さんも一生懸命に説明してくださって、時間延長になったのです。

マンション管理のコンサルタントのメリット

深山さんとの打ち合わせで確信したことは2点あります。

  1. マンション入居時には「すでに決まっている」管理委託会社は、マンションを販売した会社の下請け子会社であり、また委託費用はほぼ言い値で決まっているため、ほとんど競争力が働いていない。
  2. これまで再三にわたり工事費等に対し「相見積もりを取ってほしい」と依頼してきたが管理会社に断られてきました。これを自らやらなければ、日常的なメンテナンス費用も、大規模修繕の工事費も、管理委託会社への委託料も、低減はできない。

ともに活動する委員や住民にも刺激

深山さんのアドバイスを得て、またガイアの夜明けの番組を見て、この2つの確信をどのように実行し時自分たちのマンションの資産価値を維持していくかに視点が移りました。テレビ番組で報道されたことにより、私はもとより、一緒に活動する委員も触発されたに違いありません。居住者に説明するに当たっても、非常に強力なコンテンツ(説明資料)になると思います。

われわれのマンションも早く次の一歩に踏み出さねば。


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree