アップル AppStoreでの購入ミスへの返金請求

/ 2010-11-25/ Posted in スマホ / No Comments »





iPadとiPhoneで1回分の料金で使えるユニバーサルアプリ

iPhoneとiPadそれぞれに対応しているアプリを使うと、同じアプリでもかなり操作性が違うことがわかります。機能的にはそれほど違いはなくても、画面の大きさを最大限に活用するために操作性が大きく変わっているものが多いです。それは決して単に情報量を多くしたというだけにとどまりません。

iPhoneであれば画面を切り替えなければ見ることができないアプリであっても、iPadだと左にメニューが出ていたり、同時に複数の情報を出すことができます。

このようにiPhoneとiPadの両方に対応したアプリをユニバーサルアプリと言います。ユニバーサルアプリは、iPhone/iPadの画面の違いに応じた仕様で動作するので、提供する側にとっては2つ分作る必要があり、大きな負担になります。それぞれ別のアプリとして作る場合、それぞれにお金を徴収することになるのですが、ユニバーサルアプリはiPhone/iPad両方で1つ分の値段になります。

間違って買ってしまった悲劇

そんなユニバーサルアプリを買おうとした私ですが、まちがって違うアプリを買ってしまうというちょんぼをしてしまったのです。それぞれ課金されてがっくり来ました。

これは私の間違いには違いないのだけれど、なぜこのようなことになったかというと、同じ会社から似たような名前のアプリがふたつ出ており、そのために買いまちがってしまいました。本当に似ているんです。
納得いかず、販売会社に文句を言ったのですが、そしたら

ごめんなさい。でも返金の仕組みはありません。Appleに返金を求めてみてください。

と言うではないですか。
返金にはやはり応じてくれないのか・・・。しかし、アップルに返金を請求できるって本当?と思い直し、アップルのサポートにメールを送りました。「同じ会社から出ている似たような名前のアプリのために買い間違えた。だから返金して欲しい」としっかり書きました。

アップルの対応に拍手!

それから、待つこと4日。

今回に限り返金します。

と返事が来ました。
支払いをしたクレジットカードに返金されるようです。

通常は返金はしないが、例外的に認めます、という内容でした。
内容的にやむを得ないと認められたのか、強く言ったことが奏功したのかわかりません。
ダメもとの気持ちでしたが、このAppleの対応は嬉しかったです。

返金されて買ってないことになったわけですが、さすがにそのアプリが自動でiPhoneから削除されることはなかったです。
自分で削除するまで使えます。


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree