両親の金婚式

/ 2010-12-31/ Posted in セカンドライフ / No Comments »


何の派手な演出もなく、
「おめでとう!」
と祝った両親の結婚50周年。

結婚記念日はいつ?と聞くと
「忘れた」

今年が結婚50周年と聞いてから、年末の私の帰省に合わせて両親と子どもだけ集まってお祝いをしようと決めていました。

父は夏より耳が遠くなり昨年買った補聴器の効果もかなり薄れてきました。今年の夏に買った集音器は家の中で、外に出るときは補聴器と使い分けていました。のんびりと家の中でくつろぐ時間が多い中、若いときから行きつけの雀荘にバイクで出かけるのが日課になっています。天候が悪ければバイクでは行くことができず、日課が週数回に減ることもあるのですが、雀荘まで身支度をして出かけ、いつもの仲間と会い、少なからず頭を使い(笑)、そして気が済んだら帰ってくる、といういつもの日々が父の元気の源となっているようです。

バイクではヘルメットをかぶるため余計音は聞こえづらくなります。それが心配でバイクをやめて欲しいと思うのですが、自分でバイクに乗っていくことこそが大事なことのようで、雨が降ると母の車に乗せてもらってまで行こうとは言わないのです。バイクをやめることは雀荘通いをやめることになりそうで、とても言い出せませんでした。

母は脳梗塞を患ったにもかかわらず、60歳を過ぎてからパソコンを習い、習字を学び、カラオケ塾に通い、元気いっぱいの毎日で今が一番楽しいと言います。心配なことは、今の年齢になっても車の運転が少々荒っぽいことです。私が心配して気をつけた方がいいというと、「また言われた」と舌を出すのみです(苦笑)。

半年ごとに帰るたび、少しずつ両親は衰えていく感じはしますが、それでもできる範囲で楽しく生きている二人にほっとして帰ってきました。


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree