故障したエレコムBluetoothキーボードが新品になった

/ 2011-01-29/ Posted in デジタルライフ / No Comments »


エレコムBluetoothキーボード故障の顛末

先のブログで書いた、エレコム製Bluetoothキーボードの故障に関する続報です。

サポートセンターに送った結果、新品になって帰ってきました。
1万円くらいのものですから、修理するより交換が結果的に適切と判断したのか、それともキーボードのキーが接触したままになりやすいという設計上の問題があってそれに対処したのか、そこは定かではありません。

設計上の問題に対処していないとすると、本問題は新しいキーボードでも再発すると考えられますので、今後再発しないか様子を見たいと思います。

エレコムのサポートは○

今回のエレコム社のサポートについては、私自身どう判断して良いか迷うところはありますが、

  1. サポートの電話の応対は親切で、故障と診断されるまで1〜2分くらいで終わった
    iPhone/iPad/Macの3モデルで「i」キーが入り続けると説明した。
  2. 送料は無料であった(送るときは着払い、戻るときは元払い)
  3. 新品に交換されて帰ってきた
  4. 保証書なしだったが、購入日付は記録があったので、それを伝え保証期間内であることを示した結果、保証期間内対応をしてくれた
  5. 返納まで実質3日と短期に返送された来た

を考慮すると、なかなかよい対応だったのではないかと考えられます。

一方で不満もあります。

  1. サポートに電話したが、そこでは修理を受け付けてもらえず、改めてWebで修理を依頼しなければならなかった
    (しかも、そのWebページを見つけるのに、「文書番号2440」で見つかります、という)
  2. サポートは着払いでよいと言ったが、修理の申込ページには『送付は元払い』と書いてあり困惑した
  3. 送付は「佐川急便を使ってください」との一文があり、これにも当惑した。結局クロネコで送った。

利用する宅配業者を指定されても…

弊社では、輸送便の集中化を行い、トラック台数を減らすことにより環境問題への対応を進めております。宅配便は『佐川急便』をご利用頂きますよう、ご協力お願い申し上げます。

上記記述のエレコムのサイトはこちら

通常、宅配会社を選んで送付する、ということは余りしません。私の父母のように、同じ送付先だと次回50円割引になるゆうパックを好んで使っていますが、なかなかそういう人は多くないでしょう。
実際、佐川急便から送ろうとしたら、佐川急便の集配所まで持っていく必要があります。どこかのコンビニで取り扱っているとしても、上記HPにその説明はなく、仮にどこかのコンビニで佐川急便経由で送れるにしても、そこまで持っていく必要があります。

これを、「エレコム製品に不具合があって、サポートに電話したり故障した製品を送らなければならない不便を被っているユーザー」に依頼しようとする姿勢に不満を感じます。故障が起きた段階でかなり不満を持っているのに、サポートを受けるためにさらに面倒を強いられるのです。

サポートは全体に悪くないだけに、この辺は改善して欲しいと感じました。


Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree