WindowsユーザーのあなたがMacに乗り換える理由

/ 2011-09-24/ Posted in パソコン / No Comments »


Macはすすめられるパソコンになった

私はかなり長い間Macユーザーです。Macはコンピュータとして発売当初から圧倒的に優れた性能を持っていました。使っていて楽しいのは、Macが生まれた時から持っているもので、それは今でも変わりません。

一時期Windowsのほうが性能的にも機能的にも上回っていた時代がありました。ハードウエアの性能も、ソフトウエアの自由度もMacより高く、そのようなときには私自身もMacを離れWindowsを好んで使っていました。

でも、最近は掛け値なしにMacにしてみませんか?、と言いたくなるほど圧倒的にMacがすぐれていると思います。

実は、これまで私自身は人にMacをすすめたことはほとんどないのです。Macの方が使いやすく、すぐれているとは思いつつも、すすめることはしてきませんでした。

その理由は、パソコン教室で習えるのはWindowsですし、多くのパソコン本はWindows用ですし、なにより人とデータのやりとりをする時、相手がWindowsを使っている人が圧倒的に多いからです。そのような状況下では、Windowsを使っている方が無難、というだけでなく、ビジネスで使うならWindowsでなければならなかったのです。

ですから、よほどMacが好きな人でければ、控えめに言っても「Macが良さそうだけどどうかな?」と相談してくる人でなければ、すすめては来なかったのです。

でも、少し状況は変わりました。Macは一部の熱狂的ファンに支えられた特別な存在ではなくなっています。

Macをおすすめする3つの理由

私がMacを使う理由は一つです。それは、「使っていて楽しい、気持ちいい」からです。
パソコンは日常使う道具ですから、使うことが楽しくあって欲しいのです。

Windowsをお使いの方がMacに乗り換える理由は、私の目から見て厳選すると3つになります。私は日常的にWindowsも使っていますので、その比較です。

  1. 美しいからMac
  2. iPad/iPhone/iPodを使うときに快適だからMac
  3. MS Officeの互換性もバッチリだからMac

理由1:何かにつけて美しいMac

Macのデザインが美しいのはみなさんも見て分かると思いますが、私はMacには3つの美しさがあると思います。

  1. ハードウエアデザインの美しさ
    iMacやMacBook Airに代表されるように、非常に洗練されたハードウエアのデザインとなっています。単にデザインだけではなく、

    • プロセッサの性能が最先端
    • HDDやメモリの容量は大きい
    • ディスプレイの美しさがダントツ
    • USBなどのインターフェースが機能的にレイアウトされている

    などの特徴があります。
    いずれも、使いやすさにつながっています。

  2. 画面表示の美しさ
    画面表示については、Windowsパソコンと比べて圧倒的な差があります。これはそんなに気にならない、とおっしゃる方も多いと思いますが、かなり違います。Macを使い慣れるとWindowsの画面を見たときにがっかりするくらいです。
    ただ、店頭で見たときにはそれほど思わないかもしれません。自宅でいつも使っているメールを見たり、いつも見ているサイトを見たり、子供の写真を見たりすると、その違いに驚くことになります。
    画面の一例を比較してみましょう。

    Macの方が文字がきれいですね。どんな画面を見ても、文字を読む機会は多いですから、この差は大きのですね。同じWebサイトを見てもMacの方がきれいなのです。

  3. 操作性の美しさ
    Macのアプリケーションの操作性の基準はAppleが定めています。どのようなアプリケーションもほぼ同一の操作性を実現します。操作性という観点では、もちろんWindowsも一定のルールを提供しています。ですがMacの方が操作性は洗練されていますし、統一感もあります。これは単に、操作のルールが一定に決まっているということだけでなく、どのような機能を提供するか、どのように実現するか、そういうアプリケーションの作り方がMacではある一定レベルに統一されています。これは、Apple社が出しているアプリケーションにおける操作性がある一定の高いレベルにあることが理由と思っています。つまり、Apple社が自社開発のアプリケーションの操作性によって、Mac全体のアプリケーションの操作性を高めていると言えます。

理由2:iPad/iPhone/iPodを使うならMac

iPad/iPhone/iPodを使うときに、iTunesというアプリケーションを使います。これをアップルが提供しています。ただ、残念ながらWindowsではこのiTunesは動作があまり快適とは言えません。PCの性能に依存するので一概には言えませんが、Windows用iTunesの動作は快適とは言えません。音楽をiPhoneやiPodに転送したり、iPad/iPhoneのデータバックアップを取るのに時間がかかります。

アップルはWindowsユーザーにも積極的に使ってもらうようにしていますが、MacとWindowsのどちらのiTunesが快適に動作するかというと、Mac用です。これはアップルが悪意を持ってやっていることではなく、iTunesがWindows用に最適化されていないために起こっていることだと思います。アップルはMac版で開発したアプリをWindows版でも動作させる環境を提供しており、それを利用してWindows版を提供していると思います。ただ、そのような環境を使うと必ずしもWindowsに最適なアプリケーションにはならないのです。これが影響している可能性はあります。

また、アップルはiCloudというサービスを提供しており、MacとiPhone/iPadとのデータの共有が非常に簡単にできます。しかも、一度設定するとほとんど気にすることがなくデータは保存され共有されます。

理由3:MS Officeを使うにもMac

最後にマイクロソフトオフィスの互換性を選びました。Windowsから乗り換える人で、このことを気にしない人はごく少数だと思っています。多くの人はこれをとても気になることでしょう。
以前に比べて互換性は格段に高くなりました。Word Mac 2008やExcel Mac 2008を使っていると、Windowsユーザーから送られてきたファイルを開くのに問題はありませんし、Macで文書を作って送ってもWindows側で問題なく使えます。

もちろん、私が実使用の範囲内で感じていることなので、細かく言えば互換性が足りないところはあるかもしれません。多少割り引いて考えてもらう必要はあるかもしれません。

マイクロソフトオフィスのMac版は、現在2011が最新版です。より互換性が高くなっていると思います。補足までに言いますと、無償で提供されているOpenOfficeというMS Office互換を謳っているアプリがあります。同様のものに、ブラウザだけで使えるGoogleドキュメントゾーホーもあります。でも、これらのアプリケーションでMS Officeの代用をさせるのは、私が試した範囲では文書の再現性は仕事で使えるレベルにはありません。それらのアプリケーションしか使わないユーザー間のデータのやり取りなら問題ありませんが、MS Officeのアプリケーションを使う人とのデータのやり取りには実質的に使えないと思ったほうが良いでしょう。

さて、あなたもMacユーザーになってみたい気になりましたか?




Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree