ケータイ乗り換えはMNPがお得?

/ 2014-06-27/ Posted in スマホ / No Comments »





機種変更か他社への乗り換えか

帰省して両親のケータイ乗り換えの手伝いをしました。母がケータイを水に濡らし使えなくなったことが発端です。すでにソフトバンクで3年以上を使用しており、他社に乗り換えても違約金がないことや、メールをしている知人の数がそれほど多くないことから、機種変更にするか、思い切ってNMP(ナンバーポータビリティ、電話番号を変えずに他の携帯電話会社に乗り換える)での他社乗り換えにするか悩んでいました。

同じ携帯電話会社のまま、新しい機種に変更すると購入した機種の負担金が結構大きいことは皆さんご存知と思います。一方、MNPで他社携帯電話に乗り換えると、携帯端末代金は新携帯電話会社により補填され、安く購入することができます。MNPの場合、新規と同じで0円や1円のケータイもあります。

また、MNPでの乗り換えは、使用中の携帯をMNPで乗り換えるための手数料、新しい携帯電話会社の事務手数料がそれぞれかかります。そのようなデメリットを補うため、端末代金が実質ゼロになるようにサービスしてくれます。

それに加え、購入する店舗が家電量販店であれば、その家電量販店のポイントが付き、商品の購入に利用できるサービスもあります。実際、携帯を契約した家電量販店では、1台につき2万円ものポイントが付いたのです。2台でしたので4万円です。家電量販店のポイントは買いたい電気製品がなければ使いようもないのですが、使う当てがある場合は嬉しいですね。

それぞれの特徴を比較表にしてみるとこのような感じです。

新規携帯電話の購入方法 同じ携帯電話会社で機種変更 MNPによる他社電話会社に乗り換え
メールアドレス メールアドレスが変わらない メールアドレスが変わる
(友達にアドレス変更の連絡をしたり、サービスに登録するアドレスに使っている場合は変更しなければならない)
操作性など 操作性が大きく変わらない
(通常のケータイからスマホに変えた場合は別)
電話会社が変わると、機能の呼び名や端末のボタンレイアウトが変わる。
メール等の使い方や機能のレイアウトも変わるため、当初は慣れが必要になる。
端末代金 端末代金が高い 乗り換え先の電話会社の補填により、端末代金が安くなる。0円や1円もある。
その他の特典 特になし 購入する店舗によって、その店舗のポイントが提供される。
手数料 機種変更手数料は原則無料
(電話会社ごとに、無料でなくなる条件があります)
現行の電話会社のMNPの手続きに手数料、新携帯電話が嫌の事務手数料の両方がかかる。合わせて5000円ほど

昨年、電話番号だけで通じるショートメールが、携帯電話会社によらず届くようになりました。文字数に制限はあるのですが、メールアドレスを使わず電話番号だけで電話とメールができるようになりましたから、メールアドレスを使ったメールに代えて、ショートメールを使うようにすれば、携帯電話会社を変えても同一の電話番号だけでメールができます。

簡単ケータイはよくできている

乗り換えにあたりどのような機種を選定するかは迷いがあったのですが、実際に仕様を確認してみると、簡単ケータイはとても良く考えられていました。

簡単ケータイ K010

  • 文字が大きく設定でき、読みやすいフォントを使っている
  • 音量が大きめである
  • キーそのものが押しやすい
  • ワンタッチで操作を呼び出せる独立キーが3つ用意してある
  • 防水である
  • 電源の切入のために独立のスイッチがある
  • 操作上押せるキーが光って教えてくれる(上部の主要キーのみ)

初期の頃に見た簡単ケータイは本当に簡単な機能しかなくてがっかりしましたが、今はそういうことはないですね。基本機能を使いやすく提供していると思います。

ワンセグや決済など一部の機能をカットしている点では見劣りしますが、使用頻度の低い機能を省き、使いやすさに重点をおいた機種と考えると、お年寄りだから簡単ケータイ、ことでなく、年齢によらず選択候補になるのではないかと思います。

スマホが全盛ですが、意外と機能を使い切れず、高い定額料金に悩まされる人もいるのではないでしょうか。スマホに対しガラケー(ガラパゴス携帯)と言われる従来型の携帯電話ですが、シンプルに電話とメール機能を使う人には適していると思います。




Leave a Reply

Name required

Mail (will not be published) required

Website

Spam Protection by WP-SpamFree