WindowsXPを使い続ける方法

2014-07-04 / デジタルライフ, パソコン / 0 Comments

WindowsXPはまだ使える

マイクロソフトによるWindowsXPのサポート終了期限が来てしまいましたが、XPをまだお使いでしょうか?

大企業では、お客さまへの信頼や万が一にもセキュリティの事故による顧客情報の流出やシステム障害を防ぐため、XPのサポート期限切れ以降のXPの使用を禁じているところが多いと思います。

でも、小さな会社や個人使用の場合、使用頻度も低く相手への影響は小さいとかんがえられるなら、危険がどこにあるのかを理解して適切に使えば、XPはまだまだ使えます。

実際、XPがOSとして穴だらけということはありません。Windows7やWindows8では危険な箇所を数多くふせいでいることは間違いないですが、マイクロソフトだって何年もかけて山ほどXPに対して修正をしてきたのです。

XP時代のハードウエアが力不足に感じる

それより、実使用上はXP時代のハードウエアが今となっては力不足になっている、ということの方が問題となります。

XPが搭載されたPCは、購入から5年以上、長い人なら7、8年経過していると思います。

パソコンは購入から3年ほどで性能の劣化を感じ始めます。5年経つと「遅いな〜」と思うくらいになります。

XPを使い続けるにはこの性能の劣化もクリアしないといけません。

性能劣化を感じるのは、ハードディスク内のデータが多くなってデータの読み取り速度が遅くなったり、アプリケーションが多くなってメモリーが不足することなどにより、「遅い」と感じるようになります。

XPを使い続けるためのポイント

では、どうすればサポートがなくなり、スピードが遅いXPを使い続けられるでしょうか?

実は、

 XPがウイルス等に弱いということ
 ハードウエアの性能が低いということ

の両方の問題を解決する方法があります。

簡単に言うと、

     
  1. Outlook (Express)やThunderbirdなどパソコンにメールを受信するタイプのメールソフトをやめて、Webメールに変える
      (ブラウザを使ってGmailを送受信します。)
  2.  

  3. ブラウザをGoogle ChromeやFirefox、Safariに変える
  4.  

  5. アンチウイルスソフトをアンインストールする

です。

Webメールにすることでウイルス感染の可能性を減らせる

メールサービスをGmailに変えるだけで、ファイルがウイルスに感染したり、HDDの中を読み取るようなスパイウエアの混入を防げます。

それは、

・サーバー側でウイルス等を検知してくれるようになること
・メールソフトで直接ファイルをダウンロードするよりもブラウザで見るほうがファイルをダウンロードしない分、感染の可能性を減らせるようになる

からです。

ブラウザを最新にすることで、ブラウザ経由のウイルス混入の可能性も減らす

ブラウザも最新技術を使ったものに変えましょう。
そうすることで、ブラウザからウイルスに観戦する可能性を減らすことができます。

Google Chrome
Apple Safari
mozilla Firefox

などです。

つまり、ウイルスの混入経路は電子メールとWebサービス(ブラウザ)ですので、Webメールと最新ブラウザでその両方から観戦する可能性を減らしてしまうのです。

そして、アンチウイルスソフトをアンインストールする

そうすることで、PC上でウイルスのチェックする必要がなくなるので、動作を重くしているアンチウイルスソフトをアンインストールしてしまうのです。

アンチウイルスソフトを使わなくなった途端、「我が家のパソコンってこんなに性能が良かったんだ!」と実感します。

特にXP搭載機のような古いモデルではその効果は絶大です。

アンチウイルスソフトを使わなくするのはあくまでも自己責任になりますので、誰にでもオススメできるわけではないですが、こういう考え方で軽量化することでXP機を使い続けることができます。



Read More

WordPressでホームページを自分で作る

2014-05-05 / パソコン, ホームページ / 0 Comments

検索エンジンで上位表示される手法(SEO)が変わった

ホームページを立ち上げる一番の目的はお客様に見てもらうことです。
その会社の事業なり商品、あるいはサービスを知ってもらい、売上につなげることです。

新規にホームページを作り、お客さまにアクセスしてもらうには、最初は何をすればよいでしょうか?
みなさんご存知のSEO(検索エンジン最適化)ですね。

これを自分でやるにはどうしたらよいでしょうか?

これまでは、

たくさんのサブサイトを作り、そこからメインサイト(ホームページ)にリンクをたくさん付ける、ということが解決策だ!

と言われていました。
実際、それは長い間有効だったようです。

しかし、検索エンジンの大手Googleはその判定方法を見なおしたので、現在はこの方法はあまり有効ではないと言われています。

それよりも、

ホームページのコンテンツを充実させ、それぞれのページをきちんとリンクさせていくことの方が重要

なようです。

注意:検索で上位に行くかどうかの判定方法は非公開のため、あくまでも経験値による一般論です。

さて、このようなホームページを作るには、具体的にはどうすればよいでしょうか?

新規に作ったホームページにアクセスしてもらうには

新規に作ったホームページにアクセスしてもらうには、既存のお客様がいれば、そのお客様に告知をするなどはとても有効な手段となります。新たな商品やサービスに対して新たに作ったホームページへのアクセスをどう集めればよいでしょうか?

リスティング広告を出すなども一つの方法と思いますが、広告にお金をかける前に、まずホームページ内でやるべきことがあります。

  • SEO(検索エンジンなどで見つかりやすくする)をする
     ページごとにキーワードを適切に設定する
     各ページ間のリンクをきちんと張る
     更新時に検索エンジンに通知する
  • ホームページを使いやすくして、アクセスしてくれたお客様が情報を見つけやすくする
     グローバルメニューを付けて他のページにある情報にアクセスしやすくする
     関連する情報をサイドバーに表示して、アクセスしやすくする
     パンくずリストを付けて、現在のページの位置をわかりやすくする
     サイトマップを作って、ホームページ全体の構成をわかりやすくする
  • アクセス解析をする
     どんなキーワードの検索でアクセスしているかを知る
     どのページがよく読まれているかを知る
     どのページでお客様が離れていくかを分析して改良する

WordPressでホームページを作って解決する

でも、上に書いたことを全部やるのは結構たいへんです。
Webの専門家ならともかく、そんなことはできません!と言いたくなります。
(Web専門家だって全てをカバーするのはたいへんです)

それを少しでも助けてくれるのが、Wordpressです。Wordpressは主にブログを運用する際に使われる、サーバーのソフトウエアです。

Yahoo!ブログやアメブロ(アメーバブログ)などのブログサービスを使ってブログを書く場合には、Wordpressを使う必要性などまったくありませんが、自前で会社のホームページやブログを立ち上げたい場合などはとても有効です。

WordPressというと、ブログに使えるだけと思われがちですが、ブログじゃないホームページも作ることができます。

世界中の人が作ったたくさんのテンプレートが用意されているので、それを使って自分好みのデザインをすることができます。また、Wordpressのプラグイン(追加機能)を使って、SEOをしたり、アクセス解析をしたりも、Wordpressがあれば簡単になります。

それに、Wordpress自体は無料なのです。これがすごいところです。
注意:Wordpress自体はタダでも、サーバーを運営するにはお金がかかります。

サーバーを運営して、Wordpressでホームページを作る

サーバーを運営して、Wordpressでホームページを作る、と聞くとちょっとハードルが高いと思われるでしょうが、Wordpressが運用できるサーバーは月250円程度から利用できます。
Wordpressについてはたくさん本がありますので、参考にできる情報もたくさんあります。

これらの作業は決して「簡単」とは言いませんが、業者に発注すればホームページの構築費に数10万円、運営・保守に毎月数万円かかることを思えば、とても安上がりです。
サーバーの運営費は事業をやめない限り将来にわたってかかる費用ですから、安く上げる努力は必要でしょう。

それに、自社のホームページのコンテンツ(内容)は、業者に頼まず自社で更新していくことはもっと大切なことだと思います。
注:業者にホームページの構築を頼むと、自分で修正できるところはかなり限定的で、それ以外の箇所を変更するには業者に追加費用を払わないといけないケースが多いのです。

もしWordpressでホームページを構築するのでしたら、「Wordpressの教科書」はとても役立ちます。非常に使い勝手の高いサンプルサイトがベースになっており、それをカスタマイズすれば自分用に変えることができます。

レンタルサーバーはいろいろありますが、「ロリポップ」は値段も安くて、機能も豊富で、安定して稼働していますのでおすすめです。セキュリティ対策や最新バージョンの取り込みも早く、利用者も増え続けている点では安心できます。

また、ホームページには特定の名前(ドメイン名)を付けますが、その際にも「ムームードメイン」というサービスがありますので、それを利用するとドメイン名を割り当てることが簡単です。独自ドメインは、.jpなら年額3500円程度、.comや.bizであれば年額1000円以下です。

サーバーの運営とサーバーの構築にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?





Read More

タブレットかパソコンか、それは用途によって決まる

2013-04-30 / スマホ, パソコン / 0 Comments




タブレットは何に使うのか

アップルのiPadの発売以降、Android、Windows8などタブレット端末が数多く出て来ました。その他にも、Amazonのキンドルや電子書籍専用端末のキンドルペーパーホワイト、楽天のコボをはじめとする電子書籍端末も乱立状態で、嬉しいようなどれを選んで良いのか困るような状態かと思います。

パソコンとタブレットは、どうやって選んだらよいでしょうか。
私なりの答えは…
用途をはっきりさせることが一番大切と思います。

  • 仕事をするために使いたい
  • 出先でプレゼンしたり、メールをみて軽く返信したりWebを見ることを主に使いたい
  • 自宅でソファーに座ったり横になりながら使いたい

ということを想定していくと自ずと決まっていきます。

■ マイクロソフトオフィスなどの文書作成やグラフィックデザインなどをしたい人

こういう人は迷うことがありません。キーボードとマウスがあったほうが圧倒的に仕事の効率が良いので、MacかWindowsパソコンを買うことになります。それ以外にも、デスクで使うことを前提にするならパソコンになるでしょう。
Windowsの場合、Windows8が最新ですが、私のおすすめはWindows7です。
タッチパネルとキーボードが付いたWindows8はどっちつかずの印象です。タッチパネルの端末にキーボードは不要というのが私の考えです(理由は後述)。

■ パソコンはあるけど、出先でプレゼンしたり、軽くメールを見たりネットを見たい人
タブレット端末でPowerpointを使ったプレゼンをすると、再現性は完全とは言えません。iPadではPDFのプレゼンは問題ありませんし、MacのKeynoteを使った場合の再現性は高いです。それでも、プレゼンの場合はツール選びを慎重にする必要があります。そこをうまくやれば問題なくタブレットでプレゼンはできます。
出先でメールをチェックしたり、ネットを見るのが主であれば、タブレットは有効です。多少入力が遅くても、許せる範囲です。
このような人は、タブレット端末を買う検討をしても良いでしょう。

■ 自宅のソファーでネットやメールをしたい人
タブレット端末の最大のメリットは、机の前に行くことや座って使うことに限定されないことです。ソファに座りながら、あるいはカフェに持ちだして…というのが定番の使い方ではないでしょうか。
その点では、のんびりネットしたい人はタブレット端末がとてもマッチします。

タブレット端末にキーボードは必要か不要か

パソコンのキーボードに慣れている人は、タッチパネルを使った入力はスピードが遅くイライラします。ですので、タッチパネル端末にキーボードがあれば快適!と思うのですが、実際使ってみるとパソコンで使っているようにはいきません。

タッチパネル端末はパソコンほど性能が高くありませんし、キーボードを付けても入力スピードはパソコンにかないません(相当打ち慣れれば早くなるかもしれませんが)。
それに、タッチパネル端末とキーボードの両方持つには面倒ですし、一体化させることができるキーボードもありますが、そうするとタッチパネルが操作しづらく、どっち付かずとなります。

私は、iPad用の一体型キーボードと、一体型Androidの両方を試しましたが、どちらもタブレットの機能が損なわれ使い勝手は落ちました。タブレット端末は手に持って操作するから使いやすいのですが、キーボードを打ちながらタブレットに触ると、タブレットを立たせていて安定性がなく、かつ体から離れる分だけタッチの動作が思ったようにはいきません。


その点で言えば、パソコンとタブレット端末の良いとこどりをしようとしたWindows8は失敗作ではないかと思います。タブレットとキーボードを両立させられるなら、最初にアップルが使いやすい形で実現しているのではないかと思います。

私がアップルファンであることを差し引いても、アップルがMacとは別にiPadを作ったのは、使い勝手を考えぬいた結果ではないかと思います。




Read More

Gmailの「重要」マークで見落としを防ぐ!

2012-03-14 / パソコン / 0 Comments

大事なメールが埋もれてしまう

メールボックスが優先順位が高くないメールでいっぱいになり、大事なメールを見落したりすることはありませんか?もし、まだGoogleが運営するGmailの「重要」マークをお使いでない人は使ってみると良いと思います。Gmailにこの機能が付いてからもう1年以上経過していますが、使っていてとても便利です。

メールが多くても、明らかに迷惑メール場合は、迷惑メールフィルタによって分類することができます。しかし、

  • amazonや楽天のようなショッピングサイトから送られてくるもの
  • マグマグ!などから購読したメールマガジン
  • スマホなどでアカウントを取得した新しいサービスの連絡

などは、通常のままでは迷惑メールと判断しません。迷惑メールと設定して良いものはその設定をすれば良いですが、それなら元々読む必要がないものです。

緊急じゃないけど読みたいメールが多いと、その中に大事なメールが埋もれて見落としてしまうことになります。

Gmailの「重要」マークの精度は高い!

そんな悩みを解決してくれるのが、Gmailの「重要」マークです。「迷惑メールフィルタ」は知っていると思いますが、Gmailの迷惑メールフィルタはとても優秀で、私の経験ではほとんどハズレがありません。その技術を応用して、重要なメールを判断しているのではないかと思います。

まずは、「重要」をクリックして開いてみてください。

「受信トレイ」に比べてとてもすっきりしてメールマガジンの類が表示されないことがわかるでしょう。

初期段階では、本当に重要(と考えられる)メールのみがフィルタされています。これに対して、「このメールも重要です」と教えて上げることでより賢く、自分にあったフィルタに成長します。

「重要」メールを指定するには、「受信トレイ」を開いて、下図の赤枠で示した部分をクリックすると「重要」と「非重要」が切り替わります。色が付いている方が「重要」、枠線だけのものが「非重要」です。

どうやって「重要」を判断しているかというと、返信してやり取りのある人のメールや、閲覧したメールは重要と判断していると解説があります。興味のあるキーワードでも判断しているそうです。

もっと詳しく知りたい人は、Gmailのヘルプ(こちら)に解説があります。

これらは機械的な判断ですが、メールが読まれているように思えて気になる人は、Gmailを使うのを控えた方が心理的には良いのかもしれません。

現在Gmail以外のメールアドレスでメールをしている人も、このGmailの機能を使う方法があります。次回はそれについて書きます。

Read More

WindowsユーザーのあなたがMacに乗り換える理由

2011-09-24 / パソコン / 0 Comments

Macはすすめられるパソコンになった

私はかなり長い間Macユーザーです。Macはコンピュータとして発売当初から圧倒的に優れた性能を持っていました。使っていて楽しいのは、Macが生まれた時から持っているもので、それは今でも変わりません。

一時期Windowsのほうが性能的にも機能的にも上回っていた時代がありました。ハードウエアの性能も、ソフトウエアの自由度もMacより高く、そのようなときには私自身もMacを離れWindowsを好んで使っていました。

でも、最近は掛け値なしにMacにしてみませんか?、と言いたくなるほど圧倒的にMacがすぐれていると思います。

実は、これまで私自身は人にMacをすすめたことはほとんどないのです。Macの方が使いやすく、すぐれているとは思いつつも、すすめることはしてきませんでした。

その理由は、パソコン教室で習えるのはWindowsですし、多くのパソコン本はWindows用ですし、なにより人とデータのやりとりをする時、相手がWindowsを使っている人が圧倒的に多いからです。そのような状況下では、Windowsを使っている方が無難、というだけでなく、ビジネスで使うならWindowsでなければならなかったのです。

ですから、よほどMacが好きな人でければ、控えめに言っても「Macが良さそうだけどどうかな?」と相談してくる人でなければ、すすめては来なかったのです。

でも、少し状況は変わりました。Macは一部の熱狂的ファンに支えられた特別な存在ではなくなっています。

Macをおすすめする3つの理由

私がMacを使う理由は一つです。それは、「使っていて楽しい、気持ちいい」からです。
パソコンは日常使う道具ですから、使うことが楽しくあって欲しいのです。

Windowsをお使いの方がMacに乗り換える理由は、私の目から見て厳選すると3つになります。私は日常的にWindowsも使っていますので、その比較です。

  1. 美しいからMac
  2. iPad/iPhone/iPodを使うときに快適だからMac
  3. MS Officeの互換性もバッチリだからMac

理由1:何かにつけて美しいMac

Macのデザインが美しいのはみなさんも見て分かると思いますが、私はMacには3つの美しさがあると思います。

  1. ハードウエアデザインの美しさ
    iMacやMacBook Airに代表されるように、非常に洗練されたハードウエアのデザインとなっています。単にデザインだけではなく、

    • プロセッサの性能が最先端
    • HDDやメモリの容量は大きい
    • ディスプレイの美しさがダントツ
    • USBなどのインターフェースが機能的にレイアウトされている

    などの特徴があります。
    いずれも、使いやすさにつながっています。

  2. 画面表示の美しさ
    画面表示については、Windowsパソコンと比べて圧倒的な差があります。これはそんなに気にならない、とおっしゃる方も多いと思いますが、かなり違います。Macを使い慣れるとWindowsの画面を見たときにがっかりするくらいです。
    ただ、店頭で見たときにはそれほど思わないかもしれません。自宅でいつも使っているメールを見たり、いつも見ているサイトを見たり、子供の写真を見たりすると、その違いに驚くことになります。
    画面の一例を比較してみましょう。

    Macの方が文字がきれいですね。どんな画面を見ても、文字を読む機会は多いですから、この差は大きのですね。同じWebサイトを見てもMacの方がきれいなのです。

  3. 操作性の美しさ
    Macのアプリケーションの操作性の基準はAppleが定めています。どのようなアプリケーションもほぼ同一の操作性を実現します。操作性という観点では、もちろんWindowsも一定のルールを提供しています。ですがMacの方が操作性は洗練されていますし、統一感もあります。これは単に、操作のルールが一定に決まっているということだけでなく、どのような機能を提供するか、どのように実現するか、そういうアプリケーションの作り方がMacではある一定レベルに統一されています。これは、Apple社が出しているアプリケーションにおける操作性がある一定の高いレベルにあることが理由と思っています。つまり、Apple社が自社開発のアプリケーションの操作性によって、Mac全体のアプリケーションの操作性を高めていると言えます。

理由2:iPad/iPhone/iPodを使うならMac

iPad/iPhone/iPodを使うときに、iTunesというアプリケーションを使います。これをアップルが提供しています。ただ、残念ながらWindowsではこのiTunesは動作があまり快適とは言えません。PCの性能に依存するので一概には言えませんが、Windows用iTunesの動作は快適とは言えません。音楽をiPhoneやiPodに転送したり、iPad/iPhoneのデータバックアップを取るのに時間がかかります。

アップルはWindowsユーザーにも積極的に使ってもらうようにしていますが、MacとWindowsのどちらのiTunesが快適に動作するかというと、Mac用です。これはアップルが悪意を持ってやっていることではなく、iTunesがWindows用に最適化されていないために起こっていることだと思います。アップルはMac版で開発したアプリをWindows版でも動作させる環境を提供しており、それを利用してWindows版を提供していると思います。ただ、そのような環境を使うと必ずしもWindowsに最適なアプリケーションにはならないのです。これが影響している可能性はあります。

また、アップルはiCloudというサービスを提供しており、MacとiPhone/iPadとのデータの共有が非常に簡単にできます。しかも、一度設定するとほとんど気にすることがなくデータは保存され共有されます。

理由3:MS Officeを使うにもMac

最後にマイクロソフトオフィスの互換性を選びました。Windowsから乗り換える人で、このことを気にしない人はごく少数だと思っています。多くの人はこれをとても気になることでしょう。
以前に比べて互換性は格段に高くなりました。Word Mac 2008やExcel Mac 2008を使っていると、Windowsユーザーから送られてきたファイルを開くのに問題はありませんし、Macで文書を作って送ってもWindows側で問題なく使えます。

もちろん、私が実使用の範囲内で感じていることなので、細かく言えば互換性が足りないところはあるかもしれません。多少割り引いて考えてもらう必要はあるかもしれません。

マイクロソフトオフィスのMac版は、現在2011が最新版です。より互換性が高くなっていると思います。補足までに言いますと、無償で提供されているOpenOfficeというMS Office互換を謳っているアプリがあります。同様のものに、ブラウザだけで使えるGoogleドキュメントゾーホーもあります。でも、これらのアプリケーションでMS Officeの代用をさせるのは、私が試した範囲では文書の再現性は仕事で使えるレベルにはありません。それらのアプリケーションしか使わないユーザー間のデータのやり取りなら問題ありませんが、MS Officeのアプリケーションを使う人とのデータのやり取りには実質的に使えないと思ったほうが良いでしょう。

さて、あなたもMacユーザーになってみたい気になりましたか?



Read More

アップルが古くからのMacユーザーを切り捨てている!?

2010-12-19 / パソコン / 0 Comments

LeopardじゃないとiPhoneをiOS4.2にバージョンアップできない

私のMacはMac OS X バージョン10.4 (Tiger)という2世代前のOSです。
この間iPhoneのiOS4.2がリリースされたので早速バージョンアップしようとしたら、

「iTunesは最新バージョンです」

という意味不明の表示がされてバージョンアップできません。どうしてかと調べると、
iOS4.2にバージョンアップするにはiTunes10が必要で、iTunes10の動作にはMac OS X バージョン10.5 (Leopard)以降が必要なのです。

あっさりと10.4のユーザーは切り捨てられました。
しかも、今アップルからMac OS X バージョン10.5は買えません。売ってないのです。

Mac OS X バージョン10.5 (Leopard)を売らないアップルの傲慢

Macの最新OSはバージョン10.6 (Snow Leopard)ですが、これは10.5からのバージョンアップしかできません。しかし、10.5を売っていないので、すなわち、10.4のユーザーは10.6にバージョンアップする方法がありません。

本当にどうしようもないのかというとそうではなく、

  1. 10.5をAmazonなどの中古販売から買う(正規の12,800円とくらべて5割ほど高い19,000円ほど)
  2. 新しいMacを買う。

ということになります。

おかしいじゃないですか?
なぜ10.5をアップルは売らないのでしょうか?
あるいは、なぜSnow LeopardをLeopardからのバージョンアップしかできないようにしたのでしょうか?10.6として単独でインストールできるものにすれば、すべて解決します。

そして、今回のようにLeopard以降しかサポートしないiTunesのリリースによって、一気に問題を現実のものとしました。まるで

Macを使いたければ、Macの買い換えをしろ

と言わんばかりの意地悪な方法です。

いつかしっぺ返しを食らうのでは?

このアップルの対応は、マイクロソフトがWindows XPの人気によりWindows XPのサポートの延長を決めたのとは正反対です。アップルのやり方はすごく横柄に映ります。

今は絶好調のアップルですが、こんなことをしているとユーザーが離れると思います。10.4以前を使っているユーザーは、古くからのMacユーザーも多くいると思います。
アップルにとってWindowから乗り換えたMacユーザーが増えた今、古くからのMacユーザーに重きはなくなっているのかもしれません。

このようなアップルのやり方に不満を持ちつつも、このままアップルの戦略に乗せられて新しいMacを買うかどうか悩む日々です。

Read More