がん術後15年目の記念日

2011-05-28 / 健康 / 0 Comments

手術日が記念日

私の父が食道ガンを手術して、昨日で丸15年が経過しました。私はこの日を迎えると、毎年忘れずに父に電話をしてきました。

「今年も無事に来たね、おめでとう」
そんな軽い会話です。手術した日ですからそのこと自体はおめでたいことではないですが、術後1年目からはとてもうれしい記念日となっています。

ガンは術後10年が経過するとほぼ再発はしないと言われています。10年目までは毎年節目の電話の時には、手術当時のことを思い出して「良くここまで来たなぁ」と話していたのを思い出します。

本当にそうなのです。食道ガンだとわかった当時、私は神奈川から実家に車で6時間かけて頻繁に帰っていたのですが、一番判断が難しかったのは手術をするか否かでした。

手術をしない選択肢はあったのか?と思うかもしれませんが、当時はすでに近藤誠さんという医師が「手術を選択しないガン治療」の考え方を提唱していました。それをにわかに正しいと判断することはできませんでしたが、彼の書籍を何冊も読み漁って悶々とする日々でした。食道ガンの手術における成功率が30%という数字を見ると、手術を受けることが本当にいいことなのか判断しかねていました。

一時は「手術はしない」という父に同調して、母に手術はやめようと勧めてもいたのです。手術をしなければ余命はせいぜい3ヶ月と言われていましたから、それを思えば10年という時間は当時想像することもできない長い時間でした。

難聴対策はメール?

過去14回はずっと電話をしてきたのですが、今年はメールで連絡しました。というのは、父の老人性難聴がかなり悪化して、電話で話してもなかなか通じなくなってしまったのです。

話が通じないことは昨年末に帰ったときにも感じましたが、最近では本人が電話に出たがらないと母から聞いていました。これでは良くないと、母が一生懸命説得して父に携帯電話のメールを教えたのです。
母から連絡をもらって知っていた私は、野球好きの父のために野球の話題を書いて送っています。

過去に父に何回かメールを使うように教えようとして失敗していたようですが、今回はさすがにメールしかコミュニケーション方法がないと観念して(?)、マスターしたようです。私が受け取るメールもかなりちゃんとしたものになりました。

必ずしも電子機器に強いわけではない82歳の父がケイタイメールをはじめたなんて、思わず感動しました。母はぼけ防止にといっていましたが、難聴の人には抜群のコミュニケーションツールになるのではないかと思います。

Read More

「歩くだけダイエット」

2011-05-12 / 健康 / 0 Comments

知人の須藤桂一さんが「歩くだけダイエット」(講談社)を出版しました。

作者の須藤さんが書いているWebサイトもあります。
歩くだけダイエットのウエブサイト

私自身ダイエットには興味がある方なので、というよりかなり好きなので(笑)、この須藤さんの「足かせ(アンクルウエイト)」を付けて歩くだけで、大きな効果がある、ということにすごく惹かれました。

「歩くだけダイエット」とは

その方法はいたってシンプルです。

足首に1キロ〜2キロくらいの重さの足かせ(アンクルウエイト)を付けて、お風呂に入るときと寝るとき以外は外さない

ということなのです。

これによって、

体重が大幅に落とせただけでなく、体脂肪率が10%程度になっている

というのです。
私に取っての驚きは、体脂肪率です。私は身体を鍛えていますし痩せている方ですが、それでも10%には到底なりそうもありません。

私も「歩くだけダイエット」にチャレンジ

勢いで2キロの「足かせ」2つを購入し足に付けてみましたが、最初はよろよろしてまともに歩けませんでした。それも慣れてきて、今ではジョギングができるくらいになりました。

しかし、私はまだ1日付けることはできずにいます。
理由は

  1. 1日を乗り切る自信がない(途中で放り出したくなる気がします)
  2. 会社に行くのにスラックスの下から見えてしまうのでみっともない
  3. 自分のやり方で体型維持はできている

からなのです。今はジョギングの時だけ利用しています。確かにないときに比べて、体幹は鍛えられます。

この本の価値は

この本は「歩くだけダイエット」の方法や効果を知ることが重要なことですが、私は終わりの方に書かれている、

私に脳内革命を起こしたアンクルウエイト

という項が、ダイエットあるいはダイエットに取り組むことによる効果の一端を示していると同時に、須藤さんの人柄が表れていてとても気に入っています。

ダイエットとはやめたくなる気持ちとの「闘い」です。何のために続けるのかわからなくなるときもあります。でも、ある程度越えることができれば、「闘い」ではなくなり「習慣」になります。乗り越えたことは自信になり、前向きな気持ちややる気が生み出されていきます。

これは自分にとっては大きなプラス面です。

「健康」で「イキイキ」生きることは本当に大切なことです。それを「歩くだけダイエット」で得られるなら、とても価値のあることです。

Read More

東京ミッドタウン裏の公園は都会の喧騒を忘れるオアシス

2010-10-28 / 健康 / 0 Comments

その名は檜町(ひのきちょう)公園

ミッドタウンの裏にある公園をご存じでしょうか?
私は週に数度六本木一丁目にあるオフィスに通うのですが、そのときに朝であれば乃木坂から歩くことにしています。約20分ほどかかる道のりですが、都心とは思えない風情につい寄り道をしてしまいます。

私が急ぐ足を止めて、ほんの5分ほどくつろぐ場所はここです(クリックすると拡大します)。

今朝は特にひんやりして気持ち良く、思いっきり空気を吸いました。
カラダの中がきれいな空気で充満するこの感じ・・・
味わえるところはなかなかないです。
この近くの木のベンチに腰掛けて水音を聞いていると、とても都心にいるとは思えません。
機会があれば、訪れてみるのも良いと思います。

私自身、とても久しぶりでした。
夏の間は暑くて避けていたのと、その後はなかなか朝から行く機会がなかったのです。
久しぶりに訪れたら、すでに木々が色づきはじめていました。

東京ミッドタウンを正面から見る機能的なビルと、裏にある自然溢れる公園。
どちらも人工のものに違いありませんが、どちらも美しさがあって私は好きです。

Read More

1日に缶コーヒー1本減らすことから始めるダイエット

2010-09-11 / 健康 / 0 Comments

要注意!30代後半から忍び寄る新陳代謝の低下

30代の後半になると、同じように食べ、同じように運動していても、体重が増えます。
新陳代謝の低下です。
私もご多分に漏れず、徐々に体重は増えたのでした。

週に3時間のテニスをしていたので安心していたのですが、現実は甘くはなかったのです。
腹筋を鍛えてオナカをへこまそうとがんばったものの、筋トレの効果は思うように上がりませんでした。

きっかけは、小さな気づき

そんなときにふとしたきっかけで見つけたのがこちらのページです。

ELECTRIC DOC

1年に3Kg減量=1日に57kcal

      急ぎ足20分
      缶コーヒー0.5本

私は愕然としました。駅から会社までの道のりを歩くことを日課とし、それも結構カロリー消費に貢献していると信じていましたが、缶コーヒー0.5本と同じ?

当時、1日2本から3本の甘い缶コーヒーを飲んでいた私の心に、この事実はヒットしました。

何だ、必死に運動しなくても、食べ物や飲み物の量をちょっと減らせばいいんだ。

効果が出てくれば続けられる

1日の消費カロリーをネットで調べ(年齢と身長・体重でおおよそ出ます)、
自分が摂取している食事やお菓子の1日分のカロリーを調べたのです。
その結果、消費カロリーに比べどのくらい摂取カロリーが多いのかがわかりましたし、
思ったよりコーヒーやお菓子のカロリーが高いことに気づいたのです。

甘い缶コーヒーを1日1缶減らすことから始め、次には2缶になり、
甘いコーヒーはブラックコーヒーに変わっていきました。

こういう意識の変化が、カロリーコントロールにつながっていったのです。
結果的に、1ヶ月に1kgずつ、7ヶ月に渡ってきれいに落ちていくという成果につながりました。

笑えない話

5年ぶりくらいで会う人には、「やせたね」と言われますが、
10年ぶりくらいに会う人には、「変わらないね」と言われます。
10年ぶりの人には、中間の太った時期を見られなかったのは幸い(笑)

Read More

頭髪を若く保つ

2010-06-02 / 健康 / 0 Comments

心の準備

カラダを若く保つことは、万人の希望です。その中でも薄毛の悩みは大きいものです。

薄毛になる原因については、遺伝だったり、洗髪などによる日々のケアが不十分であったり、理由はいろいろ議論されています。

私の父およびその兄弟がみな前髪が後退していることから、私自身若いときから薄毛に対する不安がありました。ある時、髪が薄くなっているのではないかと急に不安になって、行きつけの床屋さんに駆け込んで相談したことがあります。そのとき頭髪に関することをいろいろ教えてもらって、その後自分でも実践しています。

そのとき言われた言葉で心に残っているのは、

「薄くなってからでも大丈夫。そこから粘りましょう。
今は医学的な治療もあるので大丈夫ですよ。」

ということでした。ここでいう医学的な治療とは、最近テレビCMで良く見かける、万有製薬のAGAのことです。これは医師による治療であり、いざというときはこれでいいというのです。

毎日のケアがとても大事

幸いなことに、私の場合まだ全然心配は要りませんよと言ってもらいましたが、そんな心配をするならしっかりケアをしましょうということでした。

ケアとは、頭皮マッサージです。

「風呂上がりに、毎晩20秒のマッサージをする。
これで、頭髪は10年長持ちする。」

と言うのです。それまでヘアトニックで毎晩頭皮に刺激を与えることはしていましたが、マッサージを強く意識したことはありませんでした。やり方はいたって簡単です。

「両手の指先の腹の部分で、ギュッ、ギュッ、と押す。」

のです。これをアタマ全体に渡って約20秒間やるのです。

頭皮の”こり”!?

初めてこのマッサージを教えてもらったとき、ある発見がありました。押さえた箇所が痛いのです。これは何かというと、

「頭皮の”コリ”です。肩こりと同じで、頭皮がこっている」

のだそうです。これを解消することが大事だということでした。それから私は毎晩頭皮マッサージをはじめ、この痛みが約2週間ほどで解消できました。これで、「頭皮が健康になったんだ」と実感することができました。

以来、もう何年でしょうか。毎晩欠かさずやっています。

そして2年前、新情報を聞いたのです。

毎日20分のマッサージで髪が生える?

「毎晩20秒のマッサージで10年長持ちし、
20分のマッサージで髪が生えてくる」

と。マッサージで髪が生えるのでは?、と思っていたけれど、でも「20分」・・・
経験するとわかりますが、20分の頭皮マッサージはたいへんです。手がすごく疲れます。私も20分に挑戦してみましたが、とても毎日続けられるものではありませんでした。私の場合、最低2分をノルマとし、標準で5分~10分のマッサージを続けています。

髪の量が増えたかどうかは正直わかりませんが、マッサージをはじめてから明らかに頭髪は健康になっています。
ちょっとした刺激を毎日与えることは健康を維持する秘訣だと思います。
薄毛で悩む前にみなさんもはじめてみませんか?

Read More