中国のサービスはますます向上中

2012-10-08 / 中国, / 0 Comments

今まで知らなかった大連を発見!

少し前ですが、中国・大連に出張しました。ちょうど滞在した2週間弱の間に反日デモが起きました。幸い、私が行った大連ではほとんど何も起きなかったと聞いていますし、実際私の周りは静かでした。

中国へ行くのは約1年ぶりでした。全体の印象としては、サービスの質が向上したのではないかな、と感じました。1年くらいで急に変わることはないと思いますが、私の感覚が中国に慣れてきたのか、はたまた少しは中国語が分かるようになって、心に余裕ができたのか…(笑)

今回一番実感したのは、「ありがとう」「どういたしまして」、というやり取りが本当に多いということです。日本人よりはるかに多いと思います。そうしたやり取りが必ずしもサービスの質向上につながるわけではないですが、日本人には少々きつく聞こえる会話の中にこのようなやり取りが多いことを実感し、少しホッとした(?)感じです。

今回は盲人マッサージに連れて行ってもらいましたが、かなり満足な1時間でした。強くなく、弱くなく、しっかりとツボをマッサージしてもらいました。日本円で約1300円です。

それから、大連の街中から車で40分くらいの開発区にも行きましたが、落ち着いた住宅地でとても環境の良い所でした。カフェも多く、下の写真のようなゆったりした空間です。飲み物はだいたい300円くらいで、日本と同じくらいです。

山の上に上がると海も山も見渡せるからと、友人が連れて行ってくれました。本当に気持ちのいい天気でしたし、山の上から見た景色は最高でした。

住宅地であるせいか、街並みはきれいで、道路もきれいに整備されています。芝生のきれいな公園もあります。

他に、シネコンにも連れて行ってもらったのですが、シートや映像・音響など、どれをとってもほとんど日本で見るのと変わりません。日本円で800円ほどで、日本と違って3D映画でも3Dメガネの料金はありません。メガネは貸してくれます。
驚いたのは、劇場に入るのにチケットのチェックが厳しいということでした。とりあえず、席についてからトレイに行こうと思って劇場内に入りましたが、トイレに行こうにも入ってくる人のチェックがのために出ていくことができなかったのです。2時間事なきを得ましたが(苦笑)

今回は、今まで知らなかった大連に出会ったようでした。


スポンサーサイト


Read More

中国で見直したサービス2

2011-08-11 / 中国, / 0 Comments

中国のサービスはここを改善して欲しい!

  • 生ビールが飲みたい!
    残念ながら私の中国滞在中、一度も生ビールを飲むことができませんでした。少なからず生ビールを出す店はあるようですが、私はそういうお店には出会えませんでした。生ビールは鮮度や器具の洗浄には気を遣いますので、なかなか導入はたいへんと思いますが、それよりも生ビールを飲む機会が少なく、そのおいしさを知っている人は多くないのだと思います。日本を訪問したことのある中国人は、生ビールのうまさを知っている人は多いのです。
  • 瓶ビールは冷やして!
    生ビールがないのは百歩譲ったとしても、冷えてないビールを出すのはやめて欲しい。ビールを頼むと、「冷えてるのがいいですか?冷えてないのがいいですか?」と聞くのにも驚きました。もちろん「冷えたビール」を頼んだのですが、3本目からすでに冷えてないビールでした。
  • お皿換えて
    中華料理を食べるとき、料理の品数は多いのですがお皿が一向に変わらないので、味が混ざってちょっと残念です。換えて欲しいと思いながら、差し出がましく私が言い出すわけにもいかず、しょうがないので黙っていました。おいしい料理なのに残念な思いをすることが多かったです。

中国でタクシーに乗るのは怖い?

中国でタクシーに乗ったことのある人は多かれ少なかれ感じることだと思いますが、

  • 運転が荒いので、乗っていて怖い
    特に車線変更の多さやそれに伴うクラクション、完全に車優先のため横断する歩行者を避けながら走るところ

ということがあります。
私が行った大連市はそれほどの渋滞があるわけではないのですが、タクシーはどれだけの距離を走ったかで料金が決まりますから、速く走りたいのがタクシー運転手の心理でしょう。ですので、とにかく運転が荒い。スピードを出す上、ウインカーなしで車線変更しながら抜いていきますから、結構他の車に接近することもあります。クラクションで威嚇?しながらバンバン走ります。本当に落ち着かないです。進行方向が混んでいて、対向車線が空いているときには、対向車線を走ったのには驚きました。
中国で何回とタクシーに乗りましたが、こういう運転がほとんどで、快適に乗れたという経験はほとんどありませんでした。

中国次世代のタクシー運転手発見!

そういう中で、たまたま乗ったタクシーの運転手はすごく安全運転でびっくりしました。
車線変更は必ずウインカーを出します。車線変更も右左折も本当に日本のドライバー並みに安全なのです。
「この人運転が上手ですね!」と思わず同乗していた知人の中国人に話すと、それをドライバーに話してくれました。そしたら、なんとその人は日本で2年ほどトラック運転手をしていたというのです。納得。日本で運転して中国に戻った人だから、安全運転をするんですね。
その人は運転だけではなく、快適な温度にエアコンを効かせてくれ、とても穏やかな話し方が印象的でした。

こういう人の運転でいつも乗れたらな…と思わされました。おまけにその人は、「カニを食べられるおいしい中国料理のお店を紹介してください」とお願いしたら、ちゃんと希望通りのお店に連れて行ってくれました。

こういうことができる人がいるのですね。
降りるとき、私が日本人とわかって「ありがとうございました。」と日本語で挨拶をしてくれました。
こういう人には高い料金を払っても乗りたい気持ちです。

あとになって、この人の連絡先を聞いておけば良かったと後悔しました。

サービスの向上はやはり課題

気の利いたサービスに慣れた日本人にはちょっと寂しい思いをすることの多い中国ですが、日本が高度成長を歩んで成熟したように、中国もその道を行くのだろうと思います。日本の高度成長期よりも時代の流れが数倍速いですから、中国にこのような点が改善されるのにそう時間はかからないだろうと期待しています。

Read More

中国で見直したサービス1

2011-07-31 / 中国, / 0 Comments

良いサービスが出てきつつある

今回中国大連に出張した機会を利用して、なるべく一般の生活をのぞくことにしてみました。
主な視点としては、

  • 一般の人の生活
  • お店などのサービス
  • 結婚など人生観

です。

今回感じたことは、中国でも質の高いサービスができつつあるということです。一歩質の高いサービスを望む人が増えているということです。

マッサージは良かった

今回それを実感したのは、マッサージでした。中国でマッサージは60分以上が標準で、90分まで対応しているところが多いです。それでいて1000円〜1500円ですので、日本人から見たらとても安いのです。

そういうマッサージの中でも、中国人の友人が「いいところだよ」と教えてくれたところに行ってみました。そう聞いていたからかもしれませんが、外から見た印象から違う雰囲気を感じました。どこが良かったかというと、

  • 入り口から落ち着いた雰囲気
  • 丁寧でやさしい接客態度
  • 個室でのプライベートな空間とくつろげるソファー
  • マッサージ後もそのままくつろげる自由さ
  • 足裏・ふくらはぎ・背中のマッサージで119元(今のレートで1700円弱)

といった、かなり満足度の高いサービスでした。
私だけでなく、多くの日本人でも満足することのできる内容だと思います。
お店はここです(クリックすると拡大します)。

トイレは中国のサービス向上には課題

一方でとても残念だったのはトイレです。
私が行った大連では、空港や高級なレストランであっても洋式トイレはありません。すべて和式です。これは百歩譲ってオッケーだとしても、トイレットペーパーが置いてなかったり、汚れていたり、水が漏れてびしょびしょだったり…
(例外的に空港のトイレではこのようなことには遭遇しませんでした)。

これは中国のこれまでの習慣上ごく当たり前の姿なのだと思いますが、とまどうばかりでした。
まだまだこういうところは改善して欲しいと思いましたが、当たり前になるにはまだ時間がかかりそうです。

とはいえ、今回知人の中国人もこのお店のサービスに大満足し、これからはこのお店にしようと言っていました。やはり中国でもこのような質の高いサービスが喜ばれるようになっているのです。

Read More

はじめての中国~レポートその2~

2011-04-03 / 中国, / 0 Comments

震災から3週間が経過しました。震災で被災された方々にはお見舞い申し上げます。
幸せな暮らしを一瞬にして奪い去って行く災害の恐ろしさを目の当たりにして、そのような災害に遭ってすらも幸せな人生を全うできるには何が必要なのだろうと、考えさせられる日々です。
少しでも早く安心した暮らしに戻れることを願っております。

相乗りタクシーの妙

今回の中国出張では週末に結構な雪が降りました。おかげで通常はたくさん走っているタクシーは走れず激減していました。とはいえ、出張期間の唯一の週末だけに、買い物に出たい私はそれでも出かけました。

手を挙げるとタクシーは停まってくれます。しかし、中に人が乗っているではありませんか!一緒にいた中国人が「○○に行きたいが乗れるか?」と聞きます。方向が同じで、乗客がOKすれば乗せてくれます。タクシーの少ないこのような時はなかなかいいシステムではないかと思って乗りました。

しかし…なんと、一組一組が降りるときに表示されているメーターの料金を払うのです。最初に乗った人は自分が乗ったところまでのメーターですからいいですが、途中から乗った私は最初に乗っていた人のメーター分も加算されてしまうのです。メーターがひとつしかないからやむを得ない?かもしれませんが、運転手ぼろもうけの相乗りシステムなのです。

他にも、反対方向なのに相乗りOKされたり、おもしろい体験でした。
まとめてみます。

  • 相乗りは運転手が先に乗っている人の同意を得ます。
    といっても、私の知人は運転手の反感を買いたくないので、いやだと言えないと言っていました。
  • 同乗した人は、降りるときにそのときのメーター分を支払います。
    なぜか運転手ぼろもうけのシステムになっているから不思議です。
  • 同乗するとき方向が反対なのにOKされることもありました。
    逆方向に走り、最初のお客を下ろして、Uターンして反対の目的地に向かったのです。
  • 雪の日でたいへんだからと、メーターを使わずに乗るときに事前に金額を設定されることもありました。
    30元とか40元とか切りのいい金額でしたが、普通に走るのに比べだいたい2倍くらいの金額が設定されました。

この日に限っては、行き先が言える程度の中国語では、タクシーには乗れないと思いました。

道路の横断は決死の覚悟

大連のような大都市で、片道3車線や4車線の道路を歩行者が横断するには、決死の覚悟が必要です。

というのは、横断歩道があっても信号がなくて車が止まらないのです。それでも、道を渡るしかないのですが、日本と違い歩行者が横断していても車は止まりません。完全に車優先になっています。

そのような中、どうやって片道4車線の道を渡っていくかというと、連続する車をすり抜けながら1車線ずつ渡っていくのです。歩行者が車線と車線の間で止まって車の列が空くのを待ちますが、朝夕のラッシュ時にはそんなスキマはなかなかありません。

車も車で、そのような歩行者の横をぎりぎりで走り抜けていくのです。それを見るにつけ、片道4車線、計8車線の道路の横断中に事故はないのだろうか、また横断にいったい何分かかるのだろうと思う毎日でした。

子連れで横断する家族、ベビーカーを押して走り抜ける若いお母さんなど、道の横断は危険と隣り合わせと思います。

そのような中でも、幸い私は事故に遭遇したことはありません。車優先ながら車と歩行者が絶妙のバランスを取っているのかもしれません。

日本でいるときのように、「一歩踏み出せば車は止まる」と思って横断すると、即事故につながると思いました。

Read More

はじめての中国~レポートその1~

2011-03-05 / 中国, / 0 Comments

はじめての中国は大連

大連に仕事で行ってきました。はじめての中国への旅です。数ヶ月前から中国語の勉強をスタートしたものの、思ったようにマスターはできず不安を抱えての出発でした。とはいえ、先方には日本語が話せる人もいるので、実情としてはそんなに困ることはありませんでした。ここでははじめての自分の目で見た中国について整理してみたいと思います。

まずは、私が感じた3つのポイントを挙げます。

物価は思ったより高い!

物価は今やそれほど安くはありません。中華料理の一品は庶民的なお店で25元~40元であり、現在のレート(1元=12.5円)では、およそ300円~500円です。おみやげに買ったウーロン茶は、100グラム85元(1063円)、イカの乾き物の小袋が20個入ったセットはは70元(875円)です。少し高級な中華料理店で白酒(バイチュウ)も試しましたが、1本100元(12,500円)と非常に高価なものでした。アルコール度数は高くとてもおいしかったのですが・・・
タクシーは初乗り8元(100円)で30分ほど乗っても20元(200円)ほどで、かなり安い印象です。

マンションの建設ラッシュ!

大連などの大都市では、多くの人はマンションを買うそうです。戸建を買えるのはごく一部の富裕層だと聞きました。なるほど、見渡してみると、マンションの数の多いこと。そして、建設中のマンションはあちこちにあります。これだけマンションを作ってもそれだけ売れるということは、中国の所得が上がり購買するだけの収入を持つ人が増えているということです。
確かにマンションバブルが真実味を持って語られていますが、現実問題としてマンション価格は数年まえに比べ2倍以上に値上がりしているそうです。

若い女性はオシャレ!

私の知識が古かったのでしょうね。予想以上に若い人たちはファッションはいけてます。多くのブランドが進出し、もはや古めかしいカッコをしている人を見つける方がたいへんなくらいです。
特に若い女性の関心はダイエットにあるようです。食事の量などに気を遣い、やせたいと思っている人は多いようです。私がいっしょに食事をする機会のあった数人の20代女性の食事の量はみんな少なく、またスタイルもみんないいのです。
これからどんどんファッション・美容・健康に関する需要は増えていくのだろうと思います。

Read More