頭髪を若く保つ

2010-06-02 / 健康 / 0 Comments

心の準備

カラダを若く保つことは、万人の希望です。その中でも薄毛の悩みは大きいものです。

薄毛になる原因については、遺伝だったり、洗髪などによる日々のケアが不十分であったり、理由はいろいろ議論されています。

私の父およびその兄弟がみな前髪が後退していることから、私自身若いときから薄毛に対する不安がありました。ある時、髪が薄くなっているのではないかと急に不安になって、行きつけの床屋さんに駆け込んで相談したことがあります。そのとき頭髪に関することをいろいろ教えてもらって、その後自分でも実践しています。

そのとき言われた言葉で心に残っているのは、

「薄くなってからでも大丈夫。そこから粘りましょう。
今は医学的な治療もあるので大丈夫ですよ。」

ということでした。ここでいう医学的な治療とは、最近テレビCMで良く見かける、万有製薬のAGAのことです。これは医師による治療であり、いざというときはこれでいいというのです。

毎日のケアがとても大事

幸いなことに、私の場合まだ全然心配は要りませんよと言ってもらいましたが、そんな心配をするならしっかりケアをしましょうということでした。

ケアとは、頭皮マッサージです。

「風呂上がりに、毎晩20秒のマッサージをする。
これで、頭髪は10年長持ちする。」

と言うのです。それまでヘアトニックで毎晩頭皮に刺激を与えることはしていましたが、マッサージを強く意識したことはありませんでした。やり方はいたって簡単です。

「両手の指先の腹の部分で、ギュッ、ギュッ、と押す。」

のです。これをアタマ全体に渡って約20秒間やるのです。

頭皮の”こり”!?

初めてこのマッサージを教えてもらったとき、ある発見がありました。押さえた箇所が痛いのです。これは何かというと、

「頭皮の”コリ”です。肩こりと同じで、頭皮がこっている」

のだそうです。これを解消することが大事だということでした。それから私は毎晩頭皮マッサージをはじめ、この痛みが約2週間ほどで解消できました。これで、「頭皮が健康になったんだ」と実感することができました。

以来、もう何年でしょうか。毎晩欠かさずやっています。

そして2年前、新情報を聞いたのです。

毎日20分のマッサージで髪が生える?

「毎晩20秒のマッサージで10年長持ちし、
20分のマッサージで髪が生えてくる」

と。マッサージで髪が生えるのでは?、と思っていたけれど、でも「20分」・・・
経験するとわかりますが、20分の頭皮マッサージはたいへんです。手がすごく疲れます。私も20分に挑戦してみましたが、とても毎日続けられるものではありませんでした。私の場合、最低2分をノルマとし、標準で5分~10分のマッサージを続けています。

髪の量が増えたかどうかは正直わかりませんが、マッサージをはじめてから明らかに頭髪は健康になっています。
ちょっとした刺激を毎日与えることは健康を維持する秘訣だと思います。
薄毛で悩む前にみなさんもはじめてみませんか?

Read More