映画「悪人」は感動の一作

2010-09-30 / ココロ / 0 Comments

「大切な人はおるね?」

話題作「悪人」を観ました。主演の妻夫木くんがテレビで「なりきる、じゃなくて、なる」という役作りをした、というインタビューを聞いてから観たくなり、原作を読み映画を観ました。

映画で訴えられているのは、「大切な人の存在」。最近こどもの虐待などをはじめとする、家族ですら大事な存在とならない時代を反映したものではないのだろうか。

「あんた、大事な人はおるね?」と若者に問いかける映画のシーンで、私はこの佳乃の父親のように大事な人を失ったら、と考えさせられました。同じ立場に立ったらどんなつらい思いだろうか。

あえて?原作との微妙な違い

脚本は原作と同じ吉田修一さん。ほとんど原作に忠実ですし、セリフも同じものが多いです。なのに、映画の終わり方は、原作と微妙に違うんですね。どうしてる違うようにしたのかな?映像がある分だけ、シナリオを変えたのでしょうね。どうしてそのように変えたのか、まだ私にはわからないです。
どちらが良い悪いではないです。小説を読んだ時逮捕シーンの主人公の心がハッキリとわかりませんでした。でも、その後の話しで予測できたのです。映画では、その後の話はなくなって、その代わり逮捕シーンの映像は小説にはないシーンが追加されていました。

ハッピーエンディングを再認識

このブログ「ハッピーエンディング」の意味はハッピーエンドに向かっている途中だということ。ハッピーエンドは終わってからしかわからない。そう思える日のために、日々大事な人との関係を大切にする必要がある、改めてそういうことを強く感じました。

映画の登場人物はみな本当に迫真の演技でした。たんたんとした中にこめられた感情、やり場のない思い、怒り、そういうものが自然とにじみ出ていました。
すばらしい映画に感謝です。

Read More

住宅ローンは金利だけに目を奪われていませんか?

ローンをラクにするには利息を含めた総返済額を抑えることが大事

銀行間の競争と長期金利の低下により、住宅ローン金利は実質1%程度にまで下がってきています。住宅ローン市場は縮小していますが、それでもこれをチャンスと、住宅購入を検討する人も多いでしょう。

住宅ローンを組もうとする人にとって、住宅ローン金利は一番気になることでしょう。当たり前のことですが、金利が高ければ、支払利息は多くなり、金利が安ければ、支払利息は下がるのです。

ローンの利息はかなりの額を占めます。利息を抑えるほど、支払いはラクになります。支払い総額を抑えるためには、借入額、金利、ローン返済期間にも着目しましょう。ここでは、返済期間を取り上げます。

返済期間を短縮して利息を減らす

住宅ローンというと、金利の高低を気にする人は多いのですが、その割に30年、35年といった長期ローンを平然と組む人が多いのです。ローンの返済期間が長ければ長いほど支払利息は高くなります。ローンの返済期間にもっと注意を向けるべきだと思います。

ローン返済期間と利息の関係を下の図に示します(クリックすると拡大表示します)。

借入期間と利息の関係



返済期間が長くなれば、その分利息が上昇するのがわかるでしょう。
金利1%の今なら、利息の額は小さくて気にならないかもしれませんが、固定金利ではフラット35でも2%強ですし、将来金利が上昇したときには、図示するような金利を支払うことになるのです。

3年でも5年でも返済期間を短縮すれば、利息を軽減でき、その結果総支払額を減額することができるのです。

月額だけでなく支払い総額で見る習慣を

住宅ローンを組もうとしている人は、上記のグラフのように、支払い利息に着目するようにしてください。業者は「月額いくらですよ」としか話してくれません。

図では借入金は2000万円にしていますので、借りる予定の住宅ローン金利と借入額に応じて倍率をかけてみると、おおよその利息総額が出せます。3000万円借りる人なら、この図の金利と返済期間からわかる金額を1.5倍にすればよいです。

是非一度、最終的に支払う利息がいくらになるのか計算してみてください。
すごくもったいない気がするかもしれません。銀行を儲けさせるだけかな、と思うかもしれません。

契約する前に、その視点でいま一度ローン選びを考えてみてください。

Read More

iPadのプレゼンは快適!

2010-09-23 / スマホ / 0 Comments




試してみました、iPadからプロジェクタに投影

ある会合でiPadを使ったプレゼンを試してみました。
結果は上々、とても使いやすく、MacBookやWindowsPCにない便利さを感じました。

iPadプレゼンのメリットとは

一番悩んだのは、プレゼンのアプリ選びです。iPadで外部ディスプレイに表示するとき、外部ディスプレイに対応したアプリが必要です。つまり、アプリを使わないと外部ディスプレイに出力できないのです。
いろいろ探した挙げ句、いくつかの文書ファイルを扱えるものは、私はGoodReaderくらいしか見つけられませんでした。

iPadでプレゼンを試す前はそれほど期待もしていなかったのですが、やってみると予想以上に便利だったのです。iPadを使ったプレゼンで実感したメリットはというと…

  1. 軽い!小さい!
    やっぱりMacBookやノートPCに比べると小さいですね。次項とも関わりますが、電源やマウスなどを持つ必要がないことも、軽さに貢献します。
  2. 電池が長持ち!
    外部ディスプレイにつないでも、バッテリーの減りは少ないです。2時間使ってせいぜい25%減った程度です。PCだとバッテリー性能にもよりますが、ACアダプタをつないでおかないと(あるいは持ち歩いていないと)心配なことが多いです。
  3. アプリ1つでOK!
    使ったアプリはたったひとつ。それはGoodReader(115円)。このアプリなら、PDFやJPG、MS Office文書、HTML、Safariで保存したページ、iWork(’08/’09)、とほとんどに対応しています。
  4. 文書だけが投影できる!
    GoodReaderでは文書を開いたときだけ外部ディスプレイに出せます。ですからファイルを操作している最中の画面は表示されないので、見せたいものだけを見せられるので安心なのです。

iPadプレゼンに必要なもの

iPadでのプレゼンに必要なものは、

iPad
Apple iPad Dock Connector – VGAアダプタ(¥2,980)
GoodReader (¥115)
Mac/WindowsPC(ファイル転送)

GoodReaderで文書を扱うとき、PDFがプレゼンの操作性が一番いいです。なるべくPDF化するのが良いでしょう。

他にも、Safariの保存機能を使えば、WebページをiPadのSafariできれいに再現できます。ネット環境のないところで特定のページを表示するにはとても有効です。

また、iPadのiWorkでは’08版の再生ができませんが、GoodReaderなら’08版の再生ができます。

そんなこんなで、今後のプレゼンはiPadかなと思いました。

Read More

ガイアの夜明け「住まいの価値、守れてますか?」の放送

2010-09-19 / マンション管理 / 0 Comments

マンション管理士がこれほど脚光を浴びたことはない

9月14日のガイアの夜明けは、「住まいの価値、守れてますか?」という、マンションの資産価値を維持するために現在のマンション管理組合はどのように取り組んでいるか、ということに焦点を当てたものでした。
管理委託費用の圧縮、大規模修繕工事の圧縮という、私が自宅マンションの管理組合で取り組んでいる課題についての特集で、非常に興味深く見ることができました。

ここに登場する、マンション管理士「深山 州(みやま しゅう)」さんは、ちょうど8月にお会いしたばかりでした。私が住むマンションの管理委託費削減のために深山さんのメルすみごこち事務所に相談に訪れたのでした。

私が住むマンションの、管理委託会社との契約内容および日常的なメンテナンス費用の両面について査定していただき、その内容について2時間強で説明をしていただいたのです。本来なら1時間20分の枠でしたが、深山さんも一生懸命に説明してくださって、時間延長になったのです。

マンション管理のコンサルタントのメリット

深山さんとの打ち合わせで確信したことは2点あります。

  1. マンション入居時には「すでに決まっている」管理委託会社は、マンションを販売した会社の下請け子会社であり、また委託費用はほぼ言い値で決まっているため、ほとんど競争力が働いていない。
  2. これまで再三にわたり工事費等に対し「相見積もりを取ってほしい」と依頼してきたが管理会社に断られてきました。これを自らやらなければ、日常的なメンテナンス費用も、大規模修繕の工事費も、管理委託会社への委託料も、低減はできない。

ともに活動する委員や住民にも刺激

深山さんのアドバイスを得て、またガイアの夜明けの番組を見て、この2つの確信をどのように実行し時自分たちのマンションの資産価値を維持していくかに視点が移りました。テレビ番組で報道されたことにより、私はもとより、一緒に活動する委員も触発されたに違いありません。居住者に説明するに当たっても、非常に強力なコンテンツ(説明資料)になると思います。

われわれのマンションも早く次の一歩に踏み出さねば。

Read More

家庭決算書って?

複式簿記とは懐かしい

ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強会に参加して、家庭決算書について学びました。
複式簿記という懐かしい用語に触れ、簿記の基礎知識がない私はちょっと身構えました。それ自体は決して複雑なものではないのですが、なぜ家庭に決算書が必要なのか考えさせられました。

ファイナンシャルプランニング

通常、ファイナンシャルプランナーがライフプランを検討するとき、キャッシュフロー表を作ります。キャッシュフロー表のもとになるのは、下記のものが中心になります。

家族構成
 子どもの成長、親の退職などのライフイベントに着目する。

前年度の収支
 単純には収入と支出ですが、実際には大きく下記のように分けることが必要です。

  【収入】
  給与収入(年齢によって増減するが、定年までは概ね一定の収入と考えられる)
  その他の収入(家賃収入など、年齢によらず収入が見込めるもの)

  【支出】  
  生活費(家族の人数や年齢によって変動するが、基本的に必要なもの)
  住居費(生きている限り発生するもの)
  住宅ローンなどの債務、保険など、期限まで払い続けるもの
  旅行や車の購入など、趣味のもの、毎年一定額で発生するわけではないもの

これらの将来的な変化をライフイベントに応じて、将来を見積もるのがキャッシュフロー表です。お金の流れを見ることが目的です。

家庭決算書は何でしょうか?

家庭決算書は、家庭の資産と負債のバランスを見るものです。これは、単なる1年間の収支で見るのではなく、その時点のその家庭の資産と負債を見ることが一番の目的です。不動産を持っているならその資産価値を、住宅ローンがあればその負債総額を、その時点で計算するのです。

相互に補う

キャッシュフローはお金の流れに着目し、不確かな部分を含みますが、将来に渡りお金が不足する事がないかを予測します。家庭決算書は、その時点の資産を見ます。その時点の正確な資産です。

両者は違うものですが、家庭決算書によって現状を正しく見れば、キャッシュフローに生かすことができます。両者は補い合うと、より正確なキャッシュフローが書けるのではないかと思います。どうファイナンシャルプランニングに生かすか、引き続き考えていきたいです。

Read More

マンション管理費圧縮への挑戦

2010-09-13 / マンション管理 / 0 Comments

マンション管理費のウラ

私は自分が住んでいるマンションの、修繕計画立案の代表幹事を務めています。

過去に理事長を経験した時に、自分たちのマンションの大規模修繕計画を見るようになり、修繕積立金の値上げが不可欠だと管理委託会社に催促されたのです。そのときに、本当にそれだけの金額が必要なのか問い合わせましたが、標準的な工事費用から予測しているのだという答えでした。

これでは、

修繕積立金の値上げの必要性を自信を持って提案することはできないと思いましたし、
管理会社の言いなりではいけない、自分たちのマンションの支出は自分たちでコントロールしよう

という意識が高まって現在の活動につながっています。

マンションの維持はお金がかかる

マンションの支出は、大きく2つに別れます。

1つは、日々の清掃業務や日常的なマンションの管理、メンテナンス、理事会活動の実行していくために、外部の専門家に業務を委託する費用です(管理費会計)。

2つめは、長期的にマンションが劣化するので、それらを保全していくための保守費用です(修繕積立金会計)。代表的なものに、外壁の修復や屋上の防水加工などを実施する大規模修繕があります。

特に問題となるのは、2つめの修繕積立金会計なのです。1つの大規模修繕を実施すると、我らがマンション(200戸弱)では施工後15年目の実施で、おおよそ3億円かかるという計画になっています。

これを実現するには、修繕積立金の額を現在の額の最大5倍にまで値上げしなければならない、という試算なのです。

これはたいへん!
ということで、長期修繕計画の妥当性を調べ始めたのです。

どうやって減らす?

ところが、調べ始めてみると、1の管理費会計にも目を向けるざるを得ないことに気づきます。
大規模修繕では短期間に高額な費用が発生するので、つい修繕積立金だけに目を向けがちですが、マンションの収支を考える上では、管理費会計と修繕積立金会計の両方の収支で考えないといけません。いわゆる、キャッシュフローです。

私が住んでいるマンションでは、管理費会計の収支は年間3000万円強ですので、15年で約4億5千万円にもなります。1回の大規模修繕に必要な額の3億円をはるかに超えるのです。

両方の収支に目を向けていかないと、キャッシュフローの改善ができないのです。
来年の管理費会計の圧縮に向けて、今年活動を続けています。主な改善対象は、管理会社に払っている管理委託料の圧縮です。

その相談のために初めてコンサルタントに依頼をしましたが、各支出を一つひとつ積み上げた結果、3割程度は値下げできるという力強いことばをいただき、ちょっと気分が明るくなったのです。

Read More

1日に缶コーヒー1本減らすことから始めるダイエット

2010-09-11 / 健康 / 0 Comments

要注意!30代後半から忍び寄る新陳代謝の低下

30代の後半になると、同じように食べ、同じように運動していても、体重が増えます。
新陳代謝の低下です。
私もご多分に漏れず、徐々に体重は増えたのでした。

週に3時間のテニスをしていたので安心していたのですが、現実は甘くはなかったのです。
腹筋を鍛えてオナカをへこまそうとがんばったものの、筋トレの効果は思うように上がりませんでした。

きっかけは、小さな気づき

そんなときにふとしたきっかけで見つけたのがこちらのページです。

ELECTRIC DOC

1年に3Kg減量=1日に57kcal

      急ぎ足20分
      缶コーヒー0.5本

私は愕然としました。駅から会社までの道のりを歩くことを日課とし、それも結構カロリー消費に貢献していると信じていましたが、缶コーヒー0.5本と同じ?

当時、1日2本から3本の甘い缶コーヒーを飲んでいた私の心に、この事実はヒットしました。

何だ、必死に運動しなくても、食べ物や飲み物の量をちょっと減らせばいいんだ。

効果が出てくれば続けられる

1日の消費カロリーをネットで調べ(年齢と身長・体重でおおよそ出ます)、
自分が摂取している食事やお菓子の1日分のカロリーを調べたのです。
その結果、消費カロリーに比べどのくらい摂取カロリーが多いのかがわかりましたし、
思ったよりコーヒーやお菓子のカロリーが高いことに気づいたのです。

甘い缶コーヒーを1日1缶減らすことから始め、次には2缶になり、
甘いコーヒーはブラックコーヒーに変わっていきました。

こういう意識の変化が、カロリーコントロールにつながっていったのです。
結果的に、1ヶ月に1kgずつ、7ヶ月に渡ってきれいに落ちていくという成果につながりました。

笑えない話

5年ぶりくらいで会う人には、「やせたね」と言われますが、
10年ぶりくらいに会う人には、「変わらないね」と言われます。
10年ぶりの人には、中間の太った時期を見られなかったのは幸い(笑)

Read More