がん術後15年目の記念日

2011-05-28 / 健康 / 0 Comments

手術日が記念日

私の父が食道ガンを手術して、昨日で丸15年が経過しました。私はこの日を迎えると、毎年忘れずに父に電話をしてきました。

「今年も無事に来たね、おめでとう」
そんな軽い会話です。手術した日ですからそのこと自体はおめでたいことではないですが、術後1年目からはとてもうれしい記念日となっています。

ガンは術後10年が経過するとほぼ再発はしないと言われています。10年目までは毎年節目の電話の時には、手術当時のことを思い出して「良くここまで来たなぁ」と話していたのを思い出します。

本当にそうなのです。食道ガンだとわかった当時、私は神奈川から実家に車で6時間かけて頻繁に帰っていたのですが、一番判断が難しかったのは手術をするか否かでした。

手術をしない選択肢はあったのか?と思うかもしれませんが、当時はすでに近藤誠さんという医師が「手術を選択しないガン治療」の考え方を提唱していました。それをにわかに正しいと判断することはできませんでしたが、彼の書籍を何冊も読み漁って悶々とする日々でした。食道ガンの手術における成功率が30%という数字を見ると、手術を受けることが本当にいいことなのか判断しかねていました。

一時は「手術はしない」という父に同調して、母に手術はやめようと勧めてもいたのです。手術をしなければ余命はせいぜい3ヶ月と言われていましたから、それを思えば10年という時間は当時想像することもできない長い時間でした。

難聴対策はメール?

過去14回はずっと電話をしてきたのですが、今年はメールで連絡しました。というのは、父の老人性難聴がかなり悪化して、電話で話してもなかなか通じなくなってしまったのです。

話が通じないことは昨年末に帰ったときにも感じましたが、最近では本人が電話に出たがらないと母から聞いていました。これでは良くないと、母が一生懸命説得して父に携帯電話のメールを教えたのです。
母から連絡をもらって知っていた私は、野球好きの父のために野球の話題を書いて送っています。

過去に父に何回かメールを使うように教えようとして失敗していたようですが、今回はさすがにメールしかコミュニケーション方法がないと観念して(?)、マスターしたようです。私が受け取るメールもかなりちゃんとしたものになりました。

必ずしも電子機器に強いわけではない82歳の父がケイタイメールをはじめたなんて、思わず感動しました。母はぼけ防止にといっていましたが、難聴の人には抜群のコミュニケーションツールになるのではないかと思います。

Read More

マンションのランニングコスト

マンションのランニングコストは35年で物件価格の2割

ファイナンシャル・プランナーのスタディ・グループである、FPSG川崎(川崎市溝の口駅)主催による、

「不動産相談に求められる周辺知識や情報」
  ~住宅購入予定者が満足するFP相談の現場~

に参加しました。
分譲マンションを購入した身として、この中でひとつ私も身につまされたことは、

マンションのランニングコストは意外と高く、
管理費や修繕積立金等資産維持にかかる費用は、
35年で物件価格の2割を超える

という事実です。
これはマンションのランニングコストが適正かを計るひとつの要素として有効なのではないかと思って、自宅マンションの事例で計算してみました。

マンションの価値を計る指標として

私が住むマンションの例で計算してみると、

表1 我が家のマンションの例(現状)
費目 費用
管理費
修繕積立金
修繕積み立て基金
15,000円/月
18,000円/月(35年間の修繕計画から算出した月額)
30万円
35年間の総額
物件価格に占める割合
1416万円
47.2%

となり、物件価格に占めるランニングコストの割合は実に47.2%にも達します。

特別な設備が付いているとか、過度な管理内容になっているといった特殊性はなく、地域の標準からいって物件価格も決して高くはありません。

今私たちのマンションは、そのランニングコストを下げるための活動をしています。管理会社に委託する管理委託作業の業務内容とコストの見直しです。管理費をそのままで修繕積立金に反映させる計画で、修繕積立金は上記の18,000円/月から11,000円/月くらいに下げる方針で進めています。それが実現した場合でも

表2 我が家のマンションの例(コストダウン改善後)
費目 費用
管理費
修繕積立金
修繕積み立て基金
15,000円/月
11,000円/月(管理委託費などコスト削減が成功した場合の月額)
30万円
総額
物件価格に占める割合
1122万円
34.0%

であり、購入価格に占める割合はまだ34%もあります。

もっと多くの事例を集めてみないと、単純にランニングコストが高いと言い切れるかどうかわかりませんので、これから調べていこうと思います。マンションの物件価格に占めるランニングコストの比率がマンションの将来価値を計る1つの指標になれば、マンション購入に対する有効なアドバイスのひとつになるかもしれません。

Read More

「歩くだけダイエット」

2011-05-12 / 健康 / 0 Comments

知人の須藤桂一さんが「歩くだけダイエット」(講談社)を出版しました。

作者の須藤さんが書いているWebサイトもあります。
歩くだけダイエットのウエブサイト

私自身ダイエットには興味がある方なので、というよりかなり好きなので(笑)、この須藤さんの「足かせ(アンクルウエイト)」を付けて歩くだけで、大きな効果がある、ということにすごく惹かれました。

「歩くだけダイエット」とは

その方法はいたってシンプルです。

足首に1キロ〜2キロくらいの重さの足かせ(アンクルウエイト)を付けて、お風呂に入るときと寝るとき以外は外さない

ということなのです。

これによって、

体重が大幅に落とせただけでなく、体脂肪率が10%程度になっている

というのです。
私に取っての驚きは、体脂肪率です。私は身体を鍛えていますし痩せている方ですが、それでも10%には到底なりそうもありません。

私も「歩くだけダイエット」にチャレンジ

勢いで2キロの「足かせ」2つを購入し足に付けてみましたが、最初はよろよろしてまともに歩けませんでした。それも慣れてきて、今ではジョギングができるくらいになりました。

しかし、私はまだ1日付けることはできずにいます。
理由は

  1. 1日を乗り切る自信がない(途中で放り出したくなる気がします)
  2. 会社に行くのにスラックスの下から見えてしまうのでみっともない
  3. 自分のやり方で体型維持はできている

からなのです。今はジョギングの時だけ利用しています。確かにないときに比べて、体幹は鍛えられます。

この本の価値は

この本は「歩くだけダイエット」の方法や効果を知ることが重要なことですが、私は終わりの方に書かれている、

私に脳内革命を起こしたアンクルウエイト

という項が、ダイエットあるいはダイエットに取り組むことによる効果の一端を示していると同時に、須藤さんの人柄が表れていてとても気に入っています。

ダイエットとはやめたくなる気持ちとの「闘い」です。何のために続けるのかわからなくなるときもあります。でも、ある程度越えることができれば、「闘い」ではなくなり「習慣」になります。乗り越えたことは自信になり、前向きな気持ちややる気が生み出されていきます。

これは自分にとっては大きなプラス面です。

「健康」で「イキイキ」生きることは本当に大切なことです。それを「歩くだけダイエット」で得られるなら、とても価値のあることです。

Read More

中国語検定の申込み完了

2011-05-01 / スキルアップ / 0 Comments

初めての中国語検定申込み

4/15〜5/15の期間は、6月に実施される日本中国語検定の申込み期間に当たります。6月試験で4級合格を目指す私は申込みをしました。

申込みに必要なことは、

受験料の支払い(コンビニ支払いかクレジットカード払い)
試験会場選び
写真の提出

です。

写真の提出もすることは少し意外でどんな写真を使うか一瞬悩みましたが、幸いつい最近パスポートのために写真を撮影したので、その写真をスキャンして使いました。

デジカメで撮った写真も加工して使えますが、首から上が写真の8割を占めるとか、縦横比(横1:縦1.3)や背景が薄い色であることなど条件がありますので、自分で撮る際は壁を背景に撮るなど気をつける必要があります。

これらのことがすべてオンラインでできるようになっており、写真のスキャンも入れても20分程度で申込みは終わらせることができました。

注意点はひとつ。試験会場が思ったより早く満杯になってしまうことです。場所によっては、期待した場所での受験ができない可能性もあるということです。私が受験する神奈川でも横浜西区はすでに満杯でした。もっと早く申し込んだ方が良いですね。

合格に向けて

中国語検定4級というまだまだ初級の段階ですが、はじめて過去の試験問題を見て自分が思っていたよりも難しいことに今さら気づきました。そこそこの長さの文章がヒアリングでも筆記でも出てくるので、もう少し気合いを入れて勉強しないとダメそうです。

中国語検定4級の合格の目安

  1. 学習時間120時間〜200時間
  2. 常用語500〜1000語を利用した単文の日訳・中訳・リスニング

だそうです。

これから、ヒアリング力の強化と単語の習得を重点にやろうと思っています。
やり始めて1ヶ月以上経過しましたが、ようやく少しずつ慣れてきて、学習スピードが加速しそうな感じになっていますが、どうなりますか…

子どもたちも興味を持つように

私がNHKの「テレビで中国語」を見ているので、小学生の息子が真似して中国語を話しているのが笑えます。中学生の息子もときどき一緒に見てます。

「これからは英語だけじゃなく中国語も勉強した方がいいよ」と以前より息子に言っていましたが、それを自分で実践するようになって、子どもたちにも良い刺激になることを願ってます。子どもたちには、今は英語だけで手一杯でとても中国語どころではないでしょうが、カタコトでも中国語を知っているのは決してマイナスではないと思います。

1年か2年してペラペラしゃべる姿を見せられるかどうか、私自身が楽しみです。

Read More